はじめての邦楽

Pocket

前回のブログ(「はじめての洋楽」)でも少し触れたけれど、日本に住んでいると邦楽に触れる機会が多い。自国の音楽だから、当たり前と言えば当たり前である。「洋楽は好きだけど、邦楽が苦手」という人も滅多に聞かない。「音楽全般が苦手」という人よりもレアなのではないか。「邦楽しか聞いたことがない」という人がいても珍しくないだろう。音楽教室でレッスンをする際、生徒様に何の曲を演奏したいかリクエストを取るのだけれど、統計を取るとだいたい7割くらいの人が邦楽を選んでいることがわかる。レッスンを始めた当初は半々くらいの割合だったので、この差はもう少し広がるものと予想できる。

櫻井にとって、はじめての邦楽は「ゲーム音楽」だ。ジャズが好きになったきっかけは、ゲーム雑誌を立ち読みしに行っていた本屋だった。本格的に興味を持ったのは中学2年生のころで、当時仲が良かった友人の影響なのだけれど、その友人と仲良くなったきっかけもゲームだった。というのも、櫻井の好きなゲームがその頃に映画化しており、友人はその主題歌を歌っていたアーティストの大ファンだったのだ。ドラムを始めたのは高校からだけれど、実を言うとそれより前に、ドラムを模した音楽ゲームにハマっている。

楽器を習い始めたころ、「邦楽ばかり聞いていても上達しない」という話をよく耳にした。この言葉には少し語弊がある。まず、「どんな音楽を聞いているか」と「どんな演奏ができるか」は無関係だ。上達とは「楽器を持った時に何を演奏するか」によって左右されるのだ。普段聞いている音楽の100パーセントがアニソンだったとしても、洋楽を演奏すれば洋楽は上達できる。逆を言えば、普段聞いている音楽の100パーセントが洋楽だったとしても、洋楽を演奏しない限り洋楽は上達しない。ようするに、「邦楽ばかり演奏していても上達しない」というのが正確な表現と言える。

しかし、この「邦楽ばかり演奏していても上達しない」というのも少し違う。邦楽だけ演奏していても、邦楽は上達するからだ。邦楽に限った話ではない。たとえば、「キャロルの曲しか演奏しない」という場合でも、キャロルの曲は上達できる。突き詰めれば、キャロルの曲のプロフェッショナルになることも可能だ。問題は、キャロルの曲だけ演奏できても仕事に限りがあること、そして、競争に負ければ限られた仕事すら獲得できないことである。よって、「邦楽ばかり演奏していてもお金にならない」というのが正しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA