​ リズム感ってどうやって養うの?

Pocket

リズム感とはリズムに合わせて踊ったり、演奏したりする能力のこと。運動神経の一種と言えます。ごくまれに生徒様から「ティモさんはリズム感が良い」みたいなことを言われるのですが、櫻井は運動が苦手ですし、リズム感も良い方ではありません。「どうやったらリズム感が良くなりますか」という質問にも、「ね!」と答えていました。もう少し真面目に考えねば、という焦燥に駆られ、こうして筆を執っている次第であります。

試しに「リズム感を養う方法」で検索したところ、「ドラマーになる」と出てきました。まるで「ドラムを演奏したらリズム感が良くなる」みたいな書き方です。他にも「ウラ拍を感じる」「メトロノームを使って練習する」などがありました。たしかに、基本です。しかし、これらの基礎練習はスポーツで言えば準備体操みたいなもので、運動神経(リズム感)の向上に繋がるかと言えばそうとも言えません。

一番効果があるのは、リズム感の良い人と一緒に演奏することです。自分との差が感じ取れれば、後はそのギャップを埋めるだけです。相手は同じ楽器でなくてもいいですし、ジャム・セッションのような即興的なものでも構いません。演奏後にアドバイスを求めるのもいいでしょう。「良かったですよ」や「そんなアドバイスだなんて」と具体性に欠けていたり、うやむやにされたりしたら「ああ、自分はまだまだ なのだな」と思って良いでしょう。

最も身近なリズム感の良い人は、音源の中にいます。全盛期のチャーリー・パーカーやバド・パウエルとセッションするのです。アドバイスは求められないですが、盗むことはできます。もちろん、これだけでは「音源に合わせるリズム感」なので、実践するためには応用が必要です。イメージ・トレーニングのようなものでしょうか。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA