5月病

Pocket

新年度が始まった4月から1ヶ月経ち、新しい生活環境に対して漠然とした不安を覚えたり、無気力になったりする現代病の1つ。特に、環境が大きく変化する新社会人や新1年生に多いとされる。幼稚園に入園したての子が「5月病だわ」みたいなことを言った場合も5月病と見なされるが、まず間違いなく親の影響と考えてよい。4月生まれの子が生後1ヶ月で「5月病だわ」みたいなこと言った場合も一応、5月病と見なされる。ゾロアスターみたいな子に育ちそうで、親としては戦々恐々だろう。

この「5月病」という名称も、日本の新年度が4月であるがゆえに名付けられている。5月生まれの人にとってはいい迷惑である。海外圏だと9月始まりが一般的なので、「10月病」だ。英語で5月病に相当する言葉は「バーンナウト(Burnout) 」だと思うけれど、仮に10月病が一般化されたら「オクタエイク(Octache) 」みたいな新語が生まれるかもしれない。

カウンセラーの友人に話を聞いたところ、「4月に溜まったストレスを、ゴールデン・ウィークで上手く発散できないと5月病になりやすい」という風なことを言っていた。気を張って頑張っていた分、長期休暇に入った時に調子を崩しやすい、ということらしい。日曜夜にサザエさんを見て、「明日仕事行きたくなーい!」と思うのと同じメカニズムであるが、こちらは「サザエさん病」ではなく、「サザエさん症候群」と呼ばれている。何にせよ、サザエさんにとってはいい迷惑である。

不安や無気力といった状態は、決して異常なものではない。他人に迷惑をかけなければ、いくらでも不安や無気力になってもいいのではないか、と櫻井は思う。たとえ自分に不利益を招いたとしても、結局それが自分の実力というか、限界なのだ。そういったマイナス面も含めて自分を認知することができれば、もはや病ではなく武器である。これぞまさに、怪我の功名、塞翁が馬、災い転じて福となす、である。

念のため断わっておくけれど、櫻井はミュージシャンであってもカウンセラーではない。あまり真に受けないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA