4文字の名前が覚えられない

Pocket

たとえば、「山田(やまだ)」は3文字なので覚えられますが、「山本(やまもと)」になると、「やま」までしか覚えられません。「山なんとか」とうろ覚えになったり、「山岡」「山下」「山村」「山口」など、似たような別の名前で覚えてしまうことが多々あります。山や川などが付いているポピュラーな名字はかろうじて2文字覚えていられますが、そこまでポピュラーでなく、かといって珍しくもない名前になると、最初の1文字すら思い出せません。実名を挙げて申し訳ないのだけれど、同僚に「ほりうち」さんという方がいて、ずっと「かじ何とか」さんだと思っていました。

マナーやモラルの問題はもちろん、これから講師業を始めるのに、名前を覚えられないのは非常にまずいので、自分なりに考察した結果、間違いやすい傾向を見つけました。1つは、4文字4音の名前です。これは文字4つに対し、発音される音も4つ、というもの。楽譜にすると8分音符4つの名前です。

クリップボード01

実は同じ4文字でも、4文字2音の名前は間違えません。たとえば、「近藤」は文字にすると「こんどう」で4文字ですが、発音は「こん」と「どう」の2音です。楽譜にすると4分音符が2つです。

クリップボード02

もう1つは、音から漢字を連想して記憶するケースです。これは、名前を聞いたら頭の中で漢字に変換し、音情報でなく字面(絵)として記憶する方法です。いわゆる右脳式記憶法ですね。前述の「ほりうち」さんのケースがこれにあたり、「堀内」と脳内変換するまでは良いのですが、記憶の仕方が雑で「堀」の字と「梶」の字がごっちゃになってしまい、全く別の名前で覚えてしまったわけです。まれな例ですが、「良子」さんと記憶している人がいます。簡単な漢字なので字面は間違いなく合っているのですが、「りょうこ」さんだったか、「よしこ」さんだったか、肝心の音情報が思い出せずにいます。

ちなみに、名前はなかなか覚えられませんが、誕生日は割と正確に覚えられます。366種しかない4桁の数字ですし、カレンダーに展開して他の行事との距離を記憶すれば、名前よりずっと覚えやすいののですが、覚えたところで「なんで覚えてんの?」と気持ち悪がられます

【ティモ・ドラム・レッスン】
大阪 堺 なかもずの音楽教室
金曜日 土曜日 開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA