4と7

Pocket

<特に、九九を用いる時に混同しやすい。というのも、4が「し」、7が「しち」と、非常に近い音だからだ。「しちさん、じゅうに」や「しく、ろくじゅうさん」と間違えた経験が誰しもあるはず。とりわけ、「しちし、にじゅうはち」の強敵感はすごい。「ししち」に言い直してもまだ勝てそうにないし、確実にラスボスの「くく、はちじゅういち」より苦戦を強いられる。「しちしち、しじゅうく」なんかは、人類の敵だと思っている。 さらに櫻井の場合、「よん」と「なな」でも間違える。例えば、「470」という数字を見て、「ななひゃくよんじゅう」と読んでしまうことが頻繁にある。自己分析の結果、1つの数字の中に4と7が混在していると間違いやすい、といった傾向が判明している。最短だと「47」を「ななじゅうよん」と読んだ経験がある。桁数が増えると、「140,507」を「じゅうななまん」まで言ってから、間違いに気がつく。未だに原因はわかっていない。 他に4と7の共通点があるとすれば、世界的に好まれる数字、というくらいではないだろうか。7は言わずもがな、「ラッキー・セブン」のイメージがあるし、日本で4は「死」を連想することから忌み嫌われているけれど、海外では良いイメージを持たれることが多い。クローバーは葉が4枚あれば幸せの象徴だし、タロットカードの4番目「皇帝」は安定の象徴である。大四喜、小四喜、四暗刻、四槓子は全部役満だ。日本でも、もう少し4が優遇されてもいいのでは、と思う。漢数字の四なんか、一番防御力高そうな形をしている。四国だっていいところだ。しらんけど。えっと、土佐県、鳴門県、うどん県、みかん県だっけ? 音楽的には、メジャースケールの4thと7thの音程はトライトーン、最も距離のある音程だ。「悪魔の音程」なんて言われたこともあるけれど、今やポピュラー音楽には欠かせない音程である。やや強引に話を進めると、4thマイナーコード+♭7 thドミナントセブンコードや、♯4thハーフディミニッシュコード+7thドミナントセブンコードなど、他調からの借用和音がジャズではよく使われる。更に強引に話を進めると、「シ(4)」は7番目の音である。どうでもいいことをちなむと、櫻井の大学では「シ」を「ティ」と発音することになっていたので、こっそりメジャースケールを「ドレミファソラティモ」と歌っていた。リディアンは「ドレミフィソラティモ」、ハーモニックマイナーは「ドレメファソレティモ」だ。つまり、ティモは半音階上昇である。ジョーズのテーマに合わせて「ティーモ」と歌えば、今日からあなたも絶対音感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA