3拍子のドラム・パターン

Pocket

3拍子とは、1小節が3拍で構成されたリズムのことである。ポピュラー音楽の大半が4拍子で構成されているせいか、「3拍子は変拍子」と思われがちだけれど、厳密に言うと3拍子は変拍子に含まれない(単純拍子)。慣れないうちは「1拍足りない!」という感覚がして不自由に思えるけれど、実のところ、3拍子は非常に自由度の高い拍子なのだ。というのも、8分音符や3連符で割れば複合拍子すべて(6、9、12拍子)に解釈できるし、付点4分音符と付点8分音符で割れば他の単純拍子(2、4拍子)も網羅できる。






(クリックで拡大)

このように、本来の拍子(この場合、3拍子)上で異なる拍子のリズムを演奏するテクニックを「メトリック・モジュレーション」という。「実際のテンポや拍子は変わっていないのに、変わっている風に聞こえる」というのがポイントである。

まずはロック・パターンで実践してみよう。3拍子、6拍子、9拍子の順にそれぞれ8小節ずつ演奏している。



(クリックで拡大)

続いてジャズのスウィング・パターン。3拍子、6拍子(ダブル・タイム・フィール)、2拍子、4拍子のパターンを演奏してみた。わかりやすいように、各拍子の前に3拍子を挟んで演奏している(3、6、3、2、3、4、3拍子の順)。



(クリックで拡大)

ラテンのパターンでも適用できる。3拍子のボサ・ノヴァのパターンを6拍子(ダブル・タイム・フィール)で演奏するとサンバっぽく聞こえる。譜面は2分の3拍子で書いてあるが、もちろん4分の3拍子にも使える。



(クリックで拡大)

最後に、キューバのパターン。アフロのパターンを6拍子、3-2ルンバのパターンを9拍子(9クラーベ)で演奏した。3-2ルンバのパターンは譜面にするとややこしいが、右手でカスカラ、左手でクラーベを叩き、右足でベンベ、左足で9拍子(2-2-2-3)のリズムを踏んでいる(これでもまだややこしいか)。



(クリックで拡大)

以上。動画は4本に分けているが、実際は分け隔てなく演奏できる。たとえば、4分の3拍子のスウィング曲中にロックやサンバのパターンを演奏することも可能だ。

問題なのは、メトリック・モジュレーション自体が極めて攻撃的というか、挑発的なテクニックであるということ。セッションの場で使用すると確実に嫌われるので注意が必要だ。やったところで喜ぶのはドラマーだけである。

PDFは以下のリンクから。

3拍子のドラム・パターン(クリックでダウンロード)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA