2010年代前期

Pocket

上半期が終わりましたね。来年2015年は「2010年代」の折り返し地点になる年なので、2014年の残り半年は「2010年代前期の締めくくり」ということになります。この五年間、どうでした? この半年にしたって消費税が上がったり、いいともが終わったりしましたね。東京が56年ぶりにオリンピック開催国に決定した2013年、マヤ文明によって人類が滅亡しドラえもんが誕生した2012年、東日本大震災と福島原発事故の2011年、某国の不審船が海保の船に衝突した映像がYouTubeに流出し、スタンドアローン・コンプレックスが現実になった事件が2010年です。「大丈夫だ、問題ない」も2010年。

櫻井個人はどうかというと、2010~11年がとてもとても波乱万丈でした。関西へ引っ越して、新聞を配りながら専門学校へ通い始めた時期ですね。この頃をピークに気分は緩やかに下降していってます。人生のどん底、とはいかないまでも、5本指に入るくらい「災厄の年」だった、と思います。ただ、そんな苦難の中でも、感謝しきれないほど喜ばしい出来事があって、ひとつは夢だった海外留学が奨学金付きで決まったこと。トラウマになるようなこともあった分、ターニングポイントになるようなこともあり、総合的に見れば2歩下がって3歩進んだ時期でした。

2012~2013年からはアイルランド生活がスタート。考えてみれば高校の頃からずっと仕事をしていたので、学業のみに集中できる環境というのが中学校以来。全力100%で勉強できたこの2年は大きな財産だったと思います。今後失敗したとしても、もうこれ以上やりようがないので後悔しないだろうな、と。ただ、留学生にありがちな「海外の人ってスゲー!」という感覚はなく、むしろ時間が経てば経つほど「日本人と一緒やなあ」と思うところが多くありました。もともと渡愛前から「日本人も海外の人も結局は同じ人間」と考えていて、でも少しは裏切られるかもしれない、と淡い期待を寄せていたんですが、この点に関しては完全に予想通りでちょっぴり残念でした。

そして2014年。長年の夢だった音楽講師にチャレンジする時がやってきました。ぶっちゃけた話をしますと、音楽講師は「ミュージシャンが仕方なくやる職業」と言われています。「講師を目標にしてるなんて馬鹿みたいだ」と言われたこともありますけれど、実際そう思っているミュージシャンの方が多いと思います。ARIAで例えると、プリマを目指さずトラゲット専門で働くようなもんです。でも、そんな音楽講師ですら櫻井はなれないだろうなあ、と思ってました。ARIAで言えば、シングルにもなれないでずっとペアのままだと。いい加減たとえがわからないって? いや他に良いたとえが思い浮かばなくて……。

自分にとって手の届かなかった夢が、今確実に射程内に入っています。留学の夢が達成できたように、この夢もきっと達成できる、と櫻井は信じてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA