逆カルチャーショック(復習)

Pocket

最初に受けたショックは、やはり気温と湿度でした。終始ぬるま湯の中を泳いでる感じです。じっとしてるだけで服がびしょびしょになるのが信じられません。夕方5時ごろに到着したのですが、数時間で熱中症になりました。どこへ行っても店内BGMで松たか子が「少しも寒くないわ」と歌っていて「当たり前じゃーい!」とひとりで突っ込んでいます。

帰国の際、友人に貰った「不法入国者」と書かれたTシャツを着ていたのですが、関西国際空港の税関で「不法入国なんすか?」と突っ込まれ、「そうっす。それ(パスポート)も偽造っす」と言ったところ、「じゃ、ちぎって捨てときます」と言われました。さすが関西、予想を裏切り、期待を裏切りません。

「日本は醤油のにおいがする」という話をよく聞いていたのですが、今の時期はどこも冷房のにおいがしています。ダブリンには冷房がないのです。いえ、あるのかもしれませんが、冷房を売っている電気屋や、冷房がついている家を見たことがありません。ダブリンに住んでいる時は冷凍庫を使っておらず、「日本へ帰ったら冷凍庫なしの冷蔵庫で十分かな」なんて思っていたのですが、無茶。今は扇風機とお友達です。

地味なところでは、学生制服にショックを受けました。ダブリンでもジャージ姿の学生集団は見かけるのですが、ワイシャツ姿の学生集団は久しぶりで、ちょっと新鮮でした。あと、ダブリン着いた当初は「物価が安い」と思っていたのですが、それは当時の1ユーロ100円という超円高が原因で、基本的に日本の方が物価は安く、質も良いです。ダブリンで安いのはパスタとお菓子くらいではないでしょうか。他には、台所のシンクが低いですし、人ごみの平均身長も低く思えました。でも、建物は高かったですし、ダブリンより雨が冷たく感じられました。おそらく、冷房のせいでしょう。

そうそう、現地にいた感覚を忘れる前に、日本のアイリッシュ・パブにも行ってきました。店の雰囲気はかなり現地に近かったのですが、あえて相違点を挙げると、

1.ギネスが薄い
2.祝日なのに客が全然いない
3.壁側に席がある
4.店内音楽がお洒落なジャズ
5.テレビに映ってるのが相撲の試合

などがあります。カウンターや店の内装、照明の暗さ、商品の値段、生演奏が聞けるライブスペースなどは現地そのままなので、ほんのりアイルランドを感じたい時にはオススメです。機会があったらまた行きたいです。今度はウィスキーを試してみようかな。

【ティモ・ドラム・レッスン】
大阪 堺 なかもずの音楽教室
金曜日 土曜日 開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA