逆カルチャーショック(予習)

Pocket

長い期間海外で生活していた人が帰国した際、自国にも関わらず、風習や文化に違和感を覚えてしまうこと。期間が長ければ長いほど影響は大きいとされる。櫻井の場合、お盆にも年末にも一度も帰国しておらず、2年以上アイルランドで暮らしているため、結構な逆カルチャーショックを受けるのではないか、と予想できる。しかし一方で、家かスタジオに引きこもりっぱなしの生活習慣は日本にいる時から変わらず、「大したショックは起こらないのでは」とも思える。

予想はできてもかなりのショックになるであろう逆カルチャーショックは、やはり湿度・温度の違いだろう。気温18度でへろへろになるのに、30度以上て。時差ボケよりそっちで体調を崩しそうで怖い。そういえば、出国前に日本円をユーロに換金した際、紙幣が日本のものよりずっと小さくて、「海外製の財布で日本札がはみ出るのはこのせいか」という思いをしたので、今度は「日本札でかっ!」と思うかもしれない。

こっちでの主な移動手段が自転車なので、帰国後も自転車中心に移動しようか、と計画しているのだけれど、確か日本の道路には自転車専用レーンはなかったはず。駐輪も適当なポールに鍵をくくりつければオーケイなのだけれど、日本の時は必ず駐輪場に停めなければならない、とかだった気がする。考えてみれば関西にいる時はずっとバイクだったので、自転車での生活は関東に住んでた以来、4年ぶり。

アイルランドのスーパーには、客が自分で商品をスキャンして袋詰めする「セルフレジコーナー」みたいのがあるけれど、これも日本にはなかったはず。誰とも喋らなくていいし、早く的確にできるから物凄く便利なのだけれど、日本だと人が多過ぎて実用化できないだろう。ただ、いつでも何でも送料無料で手に入るオンライン・ショッピングがあるのは非常に嬉しい。

その他、細かい違いは色々あるだろうけれど、大きな影響はこんなものなのでは、と思う。や、そんなはずはないので、たぶん見落としている。どんな見落としがあるかは帰国後の楽しみ、ということで。帰国までいよいよ1週間切ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA