譜面作り

Pocket

音楽講師の主な仕事は「音楽教室(スタジオ)でのレッスン」だけれど、レッスンを円滑に進めるための事前準備も仕事内容に含まれる。講師によって様々な指導方法があるので一概に言えないが、櫻井の場合は「教材作り」、中でもレッスンで使う楽曲の「譜面作り」が事前準備の大半を占めている。曲をコピーし、それを楽譜に起こす作業のことだ。

他の楽器に比べ、ドラムの譜面作りは遥かに容易である。たとえば、ギターだったら曲の構成、メロディ、コードを聞き取って五線譜に書く。人によってはTAB譜を欲しがる人もいるだろう。ドラムの場合、聞き取るのは曲の構成とリズムだ。しかも、同じようなリズムを繰り返している楽曲がほとんどなので、パターンをコピーできたらほぼ終わりである。さらに、リズムはメロディやコードのような音程がないため、かなり自由度が高い。「楽器(ドラム)がなくてもコピーできる」という特徴も見逃せない。ギターで1曲コピーしている間に、ドラムなら3曲はコピーできるのではないか。

ただ、コピーにも「程度」がある。最上級は、音源と全く同じようにコピーする「完コピ(完全コピーの略だと思われる)」だろう。前述した「同じようなリズム」の「ような」の部分を簡略化せず、細かいニュアンスまで書き起こす作業である。普通は一時停止やスロー再生を駆使し、繰り返して何度も聞くことで完コピを可能にするが、「速度も変えず、一時停止もせず、2回再生しただけで大抵のポピュラー曲はコピーできる」という超人的な能力を持った人もいる。5分の曲なら10分でコピーできる、というわけだ。

櫻井のレッスンの場合、完コピしている楽曲はほとんどない。ひょっとしたら、1曲もないかもしれない。基本的に「生徒様のリクエストに応じて選曲し、その生徒様に合わせて譜面を作る」という手法なので、完コピした譜面を演奏できる生徒様がほとんどいない、とも言える。正確には、「時間をかければ演奏できるようになるが、その間継続してモチベーションを保てる生徒様は稀である」か。

楽器を上達するために最も欠かせないことは、難しい楽曲やテクニックを身につけることではなく、「演奏し続けること」である。高レベルの曲に挑戦し、「自分はなんて下手なのだ」と落ち込むことで向上する人もいるけれど、大抵の人は挫折してしまう。それよりは、ゆっくりでもいいから「できる」を積み上げていった方が長続きするし、確実に上達する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA