謹賀信念

Pocket

あけましておめでとうございます。今年の抱負も踏まえつつ、まずはここ最近の近況報告をさせていただきます。

長い冬休みもまもなく終わり、来週月曜から授業再開です。櫻井の大学は4月末に授業が終わるので、ちょうど折り返し地点ですね。その後、卒業試験があるので、日本への帰国は6月か7月になります。

冬休み期間中はドラムの練習ができなかったので、エッセイを中心に、デスクワークに徹していました。西洋音楽史エッセイは『印象主義音楽の歴史について』、民族音楽史エッセイは『アイルランド伝統音楽と日本伝統音楽の比較研究』というテーマです。ちなみに、教育学に関しても『教育者の視点』というタイトルで短いレポートを書いてます。ワードで良ければファイルを送るので、興味のある方はご一報ください。

あとは年度末パフォーマンスに向けて作編曲及び楽譜の作成などをしています。今年からパソコンで楽譜を作るようになったので、一日中ディスプレイとにらめっこしてます。視力はもちろん、姿勢も悪くなりそうです。しかし、前年度に比べてやることが多かったので、なかなか充実した冬休みでした。

2014年の抱負は、何といっても大学卒業、実技科目の成績首席です。あと、年内に講師業が始められたら万々歳ですが、時期的にこれは来年度になるかもしれません。もちろん、そう簡単にはいかないでしょうし、むしろ、それから先が本番なんですけどね。ただ、信じる気持ちだけでここまで来れたのですから、この先もやっていけると確信しています。この確信を、今年も保っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA