親友たちの共通点

Pocket

とある牧師の話。ある時、彼は「誰が自分の親友と呼べるか」と思い、多くの友人たちの中から特別な友人たち7人をピックアップし、その友人たちがどうして特別なのかを考えた結果、共通して「励ます人」であることがわかったらしい。果たして櫻井に7人も特別な友人がいるだろうか、と思ったけれど、パッと思い浮かんだだけでも8人いた。本当に、恵まれていることだと思う。なかなか面白い試みなので、櫻井にとっての特別な友人たち、つまり、親友たちの共通点を探してみたいと思う。

まず、2人を除いて全員、高校時代の同級生、または後輩である。よって、年齢はそれほど離れていない(たぶん)。うち2人は、高校在学中は「こいつとは絶対やっていけん」と、苦手意識を持っていた相手だったりする。おセンチ満載の思春期にできた友人たちなので、他の友人たちに比べると、思い出が濃い。男女比は男性5人、女性3人で、やや男性が多い。職業別に見ると、福祉関係が3名、芸術関係が3名と、だいたい2分している。あ、あと全員日本人だ(たぶん)。

国籍以外で全員に共通していることもある。ひとつは「嫌われても構わない」と思える存在であること。決して嫌いになって欲しいわけではない。ただ、向こうが櫻井のことを嫌いになっても、櫻井の気持ちは揺るがないだろう。要するに、好きとか嫌いとか、そういった感情的な面を超えて特別な存在である、ということ。裏を返せば、櫻井と彼らの関係は決して相思相愛ではない。8人の中で、既に櫻井のことを嫌っている人もいるかもしれない。同じ気持ちであれたらとは願うけれど、櫻井には判断できない。よって、あまり向こうの気持ちは関係ない。片思いである。

それから「大きな影響を受ける存在」であることも共通している。彼らから受ける影響は、生半可なものではない。彼らに出会ってなかったら、確実にドラムは叩いていないし、留学もしていない。教会には行っていただろうけれど、たぶん、途中で断念していただろう。いつか超えたい最大のライバルが2人いるし、「こいつには絶対敵わない」と櫻井を諦めさせた友人が二人もいる。あと、超能力者もいる。本心を言うと、「互いに影響し合える存在」でありたいのだけれど、果たして櫻井が彼らに影響を与えられているかどうか怪しい。

あと、言葉にすると非常に恥ずかしいけれど、「世界中を敵に回しても味方に付きたい存在」である。例えば極端な話、彼らのうちの誰かが、経費で温泉へ行って号泣会見したり、麻薬取締法違反で捕まっても、櫻井は彼らをえこ贔屓すると思う。もちろん、犯した罪は償わなければならないけれど、最後の最後まで擁護するのをやめないだろう。どちらかというとこれは、感情的な判断だと思う。前述の文と矛盾しているけれど、そういった矛盾が許容できる相手、ということなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA