相棒

Pocket

もともとは、かごを持ちあげて運ぶ際に使う棒のことで、棒の両端を2人1組で持つことから転じて、共同で作業する味方側の人間のことを指す。「仲間」とほぼ同義だが、「相棒」は普通、2名以上の協力者には用いられない。互いが相棒同士と認め合っていればこの関係は成り立つが、周囲から同様の評価を得ていたりすると、「名コンビ」などと銘打たれる。単なる二人組に留まらず、そのコンビ独特の特別性を持っている場合が多い。

2人組であれば名コンビになる可能性はあるが、「互いが互いを補い合える関係」であればあるほど、名コンビになりやすい。例えば、一方が真面目な頭脳派のメガネのおっさんだったら、もう一方は考えるより先に行動するタイプだったり、一見して不真面目そうな茶髪の青年だったりした方が名コンビに成りえる。くれぐれも、キャラが被ってはならない(特にメガネ)。

また、人だけでなく、道具に対して「相棒」という言葉が用いられる場合がある。これは、その人がその人たるのに、もはや必要不可欠となった「トレードマーク」のようなものだ。ミュージシャンだと、ギタリストに多く見られる傾向だと思う。事実、自分のギターに名前をつけているギタリストが何人かいる。昔、一緒にバンドをやっていたボーカル+ギターのギターは「アレック」という名前だった(シリアルが「006」だったため)。何を隠そう、櫻井も自分のアコスティック・ギターに「クリシェ」という名前をつけている。相棒というか、ペットに近い。休日になると「弾いて!」と猫なで声で甘えてくる、というところまで想像した。そこ、キモいとか言わない。

ドラムをやっていると、特にベーシストとの相性が問われることが多い。ポピュラー音楽のグルーブ(ノリ)は、すべてベースとドラムに担われているといっても過言ではないらしい(櫻井は過言だと思っている)。櫻井が一番長くコンビを組んだベーシストは、「同じことをループして弾いてらんない」と、縦にも横にも動くわ、音数も多いわ、荒唐無稽なベース・ラインを奏でるタイプだった。当時の櫻井は、「できることしかしない」と、最低必要限の音数で、100回ステージに立ったら100回全部同じ演奏するような、朴念仁みたいなドラムを叩くタイプで、彼とはまるで正反対だったが、相性は最高に良かった、と思う。だからこそ、長く続いたのだ。たぶん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA