演技と芝居の違い

Pocket

役者業を営む友人が以前、「演技ではなく芝居がしたい」と言っていた。どちらも同じ意味を持つ言葉だけれど、その裏には友人なりのこだわり(ひねくれ)があるに違いないと勘ぐり、本人に直接聞く前に自分なりに考察した。

まず「演技」という言葉は、役者業以外にも用いられる。例えばフィギュアスケートなど、踊りを伴うものは「演技する」というのが一般的である。また「技を演じる」と書くように、そこには技術があり、同時に、技術を用いるもの(「演じる」の主格)が存在することを表している。類義語に、前述の踊りで用いられる「演舞」や、音楽で用いられる「演奏」という言葉があるが、いずれも「舞を演ずる」「奏(音楽)を演ずる」と、パフォーマンスという意味だけでなく、パフォーマンスをする何かがいることを示唆している。

では、「芝居」という言葉はどうだろう。この言葉が用いられるのは役者業か、「一芝居打つ」というように、相手を欺くときに使われる。つまり、主格は芸そのものであることがわかる。このことは「一芝居打つ」という言葉にも当てはまる。相手を欺く際、見せるのは欺いている部分(芸)であり、その主格(本心)を見せては元も子もないからだ。

以上のことから、友人は「人間中心ではなく、芸を中心にしたい」という意味で「演技ではなく芝居がしたい」と言ったのではないか、という推測に至った。そういう意味であれば、櫻井も演技ではなく芝居がしたいし、芝居が見たい。

で、当の本人に聞いてみたところ、「『演じている』のと『そこに居る』の違い」らしい。自分らしく、ということだろうか。真相はさておき、目指しているものが見えているのは喜ばしいことだ。今後の活躍を遠目で薄く見守っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA