Pocket

日本で最も親しまれている花と言えば、桜だろう。春になると全国各地で花を咲かせる落葉樹で、花びらが落ちるスピードは秒速5センチメートルのアレである。その特徴的な淡いピンク色から「桜色」という名称の色もあり、某黒ぶちメガネのシンガーソングライターは名前が「アキ」だけど「サクラ色」という曲を書いてヒットを出している。単に「桜」あるいは「さくら」というタイトルだけでも、ヒット曲が複数ある。ちなみに、小学校でも歌われる日本の伝統歌の正式名称は「さくらさくら」である。更にちなむと、某ドラマーTが某格闘ゲームでよく使うキャラクターの名前も「さくら」である。それか「かりん」。これ以上ちなむと本線に戻れなくなるので自重する。

法的には認められていないとはいえ、事実上の国花と言えるほど日本ではポピュラーな花である桜。どうしてここまで親しまれるようになったのか。「自己主張しない調和した咲き方が、和をもって貴しとなす日本の国民性にあっているため」という意見もあるようだけど、それなら梅でも良いはずだ。しかし、梅が取り沙汰されることは、桜と比較するとあまりに少ない。楽曲でも、日本の伝統音楽に「松竹梅」というのがあるけれど、「梅」単体は思い浮かばない。そもそも、この「松竹梅」という言葉だって、梅の位は一番下である。松より下だなんて、まったく不憫な話である。がんばれ、梅。応援してるぞ。

話を本線に戻して、桜が親しまれるようになった理由。一番の原因は、「桜が咲くのが春であるから」ということだと思う。まず、この春という季節は、気温が暖かく過ごしやすい。天候も安定しているし、湿気も良いあんばいなのだ。あ、ちなみに「あんばい」という言葉は漢字にすると「塩梅」と書く。やったね梅ちゃん! げふん。更に春は、「出会い」「別れ」といったセンチメンタリズムを持っている。「新しいスタート」というポジティブな意味もある。要するに、桜が好き、というより、春が好きな人がほとんどなのでは、と思うのだ。もし桜と梅の開花時期が正反対だったら、待遇も変わっていただろう。某江戸町奉行の名台詞は「この梅吹雪が目に入らぬか!」になり、いつでも捜しているのは明け方の梅木町になる。

「櫻」という旧漢字も存在するが、人名か中二病の技くらいにしか使用されない。木へんを取ったら「嬰」という字になるが、これには赤子という意味なる。シャープを表す和名音楽用語でもある。これにあやかると「櫻井」という苗字は、「井」の字が「♯」に見えないこともないので、ダブルシャープということになるが、櫻井が人間的にフラットしていることは否めない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA