暗唱聖句

Pocket

聖書のことばを暗唱できるように記憶する行為、また、暗唱できるようになった聖書箇所のことを指す。教会の聖書学校や神学校では「今週の暗唱聖句」といった具合に、暗唱聖句が課題になっていることが多く、クリスチャンにとっては日常的な行ないと言える。どうして暗唱聖句をするかというと、「聖書のことばは神様のことばである」とクリスチャンは信じており、その聖書に「人はパンだけで生きるのではない、人は主の口から出るすべてのもので生きる」と書かれているからである。要するに、自分を生かしているもの(聖書のことば)を身体の内に蓄えようとする行為、いわば、食事である。

暗唱聖句では、聖書のことばそのものを覚えるのはもちろん、「どの書物の、どこに書かれているのか」まで覚えるのが一般的である。たとえば、前述の「人はパンだけで~」という聖書箇所は、「申命記」という書物の「8章」、さらに、8章の中でも「3節」に書かれていることばである。ハリーポッターで例えると、「賢者の石」(書物名)の「○章」の「○行目」といった具合か。ハリー・ポッターは上下巻合わせても11巻だけれど、聖書は全部で66巻、章数は1,189章、節数は31,173節にまで及ぶ。

これだけ聖書箇所があるのだから、百人一首を覚える感覚で、暗唱聖句も100箇所くらい覚えられるだろう、と思いきや、実際やってみると物凄くハードである。まず、聖書は百人一首と違い、五七五七七のようにリズムが統一されていない。つぎに、ことば+作品名+章+節と覚える量が多い。そして、「新改訳」「新共同訳」「口語訳」など、訳し方が複数ある。それぞれ見てみよう。

「人はパンだけで生きるのではない、人は主の口から出るすべてのもので生きる」(新改訳)
「人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きる」(新共同訳)
「人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きる」(口語訳)

新共同訳で「言葉」、口語訳で「ことば」と、文字表記も微妙に異なっている。この箇所は比較的違いがないけれど、箇所によって大きな違いが出ることもある。

以上のことから、「暗唱聖句100箇所なんて無理やい!」というのがクリスチャンの本音である。ところが、最近読んだ「エゼキエル書」という書物に、こんなストーリーがある。ある日エゼキエルさんは、神様によってとある建物(神殿)へ連れてこられる。すると、その建物の門番にこんなことを言われた。

「人の子よ。あなたの目で見、耳で聞き、わたしがあなたに見せるすべての事を心に留めよ。わたしがあなたを連れて来たのは、あなたにこれを見せるためだ。あなたが見ることをみな、イスラエルの家に告げよ」(エゼキエル40章4節)

つまり、「今から見るもの、聞くものを全部覚えなさい」と言ってきたのだ。で、40章5節以降に何が起こるかというと、建物の測量である。塀の高さはどれくらいだとか、門の敷居はどれくらいだとか、測りざおを使って正確な単位を調べていくのだ。それが42章まで続く。想像を絶する記憶作業である。しかし、40章から42章までの記述を元にし、実際に建物の設計図を書いてみると、建築士顔負けの正確な図になる。エゼキエルはやってのけたのだ。諦めてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA