Pocket

同じ親で自分よりも先に生まれた女性のこと、また、自分の実兄の配偶者を指す。前者は双子である場合を除き、必ず年上になる。「娘1人と息子2人という家族構成は育てやすい」と間違って覚えがちな「一姫二太郎」の姫担当である。なぜ「一姫二王子」ではないのかは不明だけれど、櫻井が知らないだけで「太郎とは、すなわち王子である」という意味があるのかもしれない。つまり、桃太郎は桃王子、山田風太郎は山田風王子、キダ・タローはキダ・オージである。後者のケースは、血縁関係はないが第2親等に含まれる、いわば親戚である。書面では「義姉」と表記される場合が多い。その人がある特定の三国志と死んだフリの技術に特化している上に、歯が悪い場合は、「義歯の義姉は魏志と擬死の技師」となる。

親類でなくとも、年上の女性に対する敬称として「姉さん」を使う場合がある。この言葉は非常にセンシティブで「『姉さん』と呼べる年齢差は、いくつからいくつまでか」という問題がある。せいぜい5年以内だと思うが、1~5年差の相手に対して使うと「そんな老けとらんわ!」と非難されるし、10歳差以上の相手には「嫌味にしか聞こえんわ!」と呆れられる。6~9年差なんて特にシビアで、相手が満足するようなことはまずありえない。敬う思いがあっても口にしないのがベターである。

類似語に「姐」がある。これも女性への敬称だが、主に仁義を重んじるタイプの人に対して用いられる。また、いわゆる「姐御肌(姉御肌)」という言葉に相応しい「面倒見がよく、頼れる女性」を「姉キャラ」と呼ぶ場合もある。この姉キャラは、対象の年齢に関係なく用いることができる。たとえば、172センチの高身長、眼鏡着用で、教員資格保有、普段はムチを操り、いざという時には目からビームを出すような人は、たとい年齢が18歳であっても姉キャラである。

自分よりも年下であっても、兄の妻は義姉である。自分の娘ほどの年齢の女性や、母親よりも年上の女性を「姉さん」と呼ぶことも理論上は可能だ。さすがに人外相手、たとえば、猫や犬に対しては用いられないと思う。一部地域では、姉の配偶者が義姉になる場合もある。さらに、相手の年齢に関係なく、相手が姉キャラでなくとも「姉さん」と呼べる場合もある。それは、対象がカトリックの修道女だった場合である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA