好きな女性の髪型

Pocket

男性なら一度は話題にするトピック。長さに関しては「女性らしいロングが好き派」や「ボーイッシュなショートが好き派」などで大きく分かれると思うけれど、色に関しては「黒」または「茶」と、長さに比べると大きな違いは出ない。一方、女性が思う「好きな女性の髪型」は、男性のそれとは大きく異なる。前髪の形はどうだとか、パーマのかけ方はこうだとか、髪の長さにしたって、やれマイクだのポールだのボブだの言う。基本的に男性は、細かい部分は気にしていない。中には「夏休み明けの女子高生みたいな、染めすぎて痛んだ金混じりの茶髪が好き」という奴もいるけれど、そういうのは稀である。

ほんのちょっと髪の毛を切っただけでも一目ですぐわかる、という友人がいるけれど、やっぱり女性である。「女の子は男の子に髪型の違いに気付いてもらえると、ときめくんだよ!」という話を聞いて、一時期ことあるごとに「髪の毛切った?」と言っていたことがあるけれど、ビックリするほど当たったことがない。似たようなケースで、薄化粧の子に「今日すっぴん?」と言っていたことも多々ある。相手が「化粧してるし!」と怒るので、「ごめんごめん、化粧上手いね」とフォローすると更に不機嫌になる。なぜだ。

今までずっとロングヘアだった子が、ある日突然ショートヘアにすると「失恋したん?」と聞いてしまいそうになるけれど、どうやらこれは古い考えのようで、今どきの子には通じない、ということが最近わかった。「なんで髪を短くするのが失恋に結びつくん?」ということらしい。確かに、そりゃそうなんだけど、あまり「聞いたこっちが意味不明」みたいに責められるとおじさんは困る。それから、既に前髪を切ると決めているのに「前髪あった方が良いかな?」と聞くのはやめてもらいたい。「そのままでいいんじゃない?」と言った子が不憫である。

ちなみに、櫻井の好きな女性の髪型は固定されていない。これは、「ロングでもショートでも良いし、黒でも金でも良いけど、ずっと同じは飽きる」という意味。そのため、ロングヘアの子には「髪切りなよ」と言うし、ショートヘアの子には「伸ばしたら?」と言う。極端な話、坊主でもモヒカンでも構わない。ただし、奇抜な髪型ほど飽きやすい、という傾向はある。好きな髪型というより、好きな生き方というべきかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA