Pocket

目と違い、人間の耳はかなり鈍感にできている、と櫻井は思う。例えば、AKB48全メンバーの顔を覚えている人はいるかもしれないけれど、声だけで全メンバーを判別できる人はその半分もいないだろう。目で見える情報は、周りと少し違うだけで特徴になりうる。ちょっと目が青かったり、身長が高いだけで「日本人離れしている」という特徴になってしまう。ところが、声は耳で聞く情報であるため、ちょっとやそっとの違いでは気付かれない、つまり、特徴にならない。

ちょっとやそっとの違いでは特徴的にならないので、思いっきり甲高い声で話したりすると、確かに特徴にはなるかもしれないけれど、相手に不快な思いをさせる可能性が極めて高い。櫻井自身、「ティモさんの声って特徴的ですよね」と言われることがたまにあるけれど、どうも話を聞いた感じでは、「良い声だ」というわけではなく、「変な声だ」というのを遠回しに伝えているような印象を受ける。同僚に「喉、大丈夫ですか?」と本当に心配されたこともある。違いが、必ずしもポジティヴな特徴にならないのは、目の情報と同じなのだ。この辺のバランス感覚が難しいところである。

しかし、ポジティヴな意味で特徴的な声の人は、確かにいる。歌を歌うヴォーカル、舞台やドラマに出ている役者、テレビに出ているアナウンサーや声優、声を仕事にしている人はほとんどそうだ、と言っていい。まず、彼らは「発声のプロフェッショナル」であるからして、素人とは声の出し方が違う。優れた技術を持つこと、これも立派な特徴のひとつだ。更に、「その人ならではの声」という特徴も、確かにある。具体的に説明するのが困難だけれど、優れた技術の上に成り立っていることが多い。ここまでくると、鈍感な人でも「良い声だ」と感じることができる。

声を中心に書いてきたけれど、この話は「音」にも通じる。初めに書いた通り、人間の耳は鈍感だ。シンバルをシャーンと鳴らそうが、ジャーンと鳴らそうが、普通の人はまず、判別できない。「なんとなく違う気もするけど、どっちでもいいじゃん」というのが正直な気持ちだろう。これは訓練してもあまり変わらない。鈍感な人を「良い音だ」と感動させるには、「その人ならではの音」が必要なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA