卒業試験結果

Pocket

先週の金曜日に卒業試験結果を受け取りました。今年度の試験はエッセイが多く、実技に関しても「首席を取るのは非常に難しい」と予め言われていたんですが、フタを開けてみれば12科目中、半分の6科目が首席でした。英語がダメダメなので、総合成績は首席に届かずでしたが、実技科目はすべて首席。自分でもビックリです。感謝。

首席を取ったのはドラム主専攻、ドラムラボ、リズムスタディ、アンサンブル、パフォーマンス、コンポジション(作曲)。特にドラム主専攻はぶっちぎりでした。実技で結果を出せたのも素直に嬉しいんですが、それより嬉しいのは、前年度単位を落としたコンポジションが今年度は首席だったこと。ジャズ音楽史の面接試験でさえ合格したのにコンポジションだけ落としてしまい、「俺の作曲スキルは英語以下なのか……」と、えらくショックを受けたんですが、見事リベンジ達成。

懸念していた英語関連の科目も、予想よりもずっと好成績でした。特にアナライズエッセイ(卒論)は首席の一歩手前、他のエッセイも問題なく合格ラインでした。英語で授業を執るジャズ教育学も、今年度が始まる時に学部長から「ほんまに英語なんとかせんと卒業できんぞ」と直々に忠告を受けたんですが、なんのなんの、こちらも首席の一歩手前。講師志望なのに教育学落としたら元も子もない、と内心ガクブルだったんですが、本当に神様に守られたな、と思います。

12科目中最も成績が悪かったのが、ジャズアレンジ(音楽理論)。エッセイより下でした。正直ちょっと自信があったんですけど、英語以下なのか…。単位は落とさなかったとはいえ、今後の大きな課題です。「卒業したから終わり」にするのでなく、地道に勉強していけば結果を出せるのはコンポジションで実証済みなので、継続して勉強していこうと思います。

兎にも角にも無事、大学卒業と相成りました。やーほんまりビックリやで。何がビックリって、ほんまに英語できへんのに海外の大学卒業できとるんやもん。もう個人でどうにかできる次元を超えて、神様の力やと思います。まさに奇跡。栄光を主に返します。ハレルヤ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA