初めてコピーした曲

Pocket

櫻井がドラムを始めたのは高校1年生の時で、初めてコピーした曲は『Venus』という曲でした。えっと、なんとかシェイバーだったか、シェイビイングなんとかだったか、とにかくカミソリみたいな名前のバンドの、BだったかB♭のsusコードから始まる有名な曲です。櫻井の選曲ではなく、当時習っていたドラムの先生による選曲でした。先生の趣味というより、他の楽器科(ボーカル、ギター、ベースなど)と一緒に演奏することを前提とした選曲だったようです。8ビートを基調とした簡単な曲でしたが、16分音符のフィル・インや、ちょっとしたキメもある、ほどほどの難易度の曲でした。

当時の先生は「耳で覚えろ」という教え方をしていて、譜面は一切書かず、ひたすら耳コピか、先生の演奏を観察する毎日でした。『Venus』も例外ではなく、最初に先生が音源に合わせて演奏してくださるのですが、ほとんど原曲通りに叩かず、いろいろとアレンジを加えた演奏をするのです。そして、「こんな風に好きなように叩いていいから、あとは各自練習してきて」と音源だけ渡します。

勘の良い同期の子は、音源を渡された次のレッスンで、先生のお手本の見よう見まねで、自分なりにアレンジをして叩くのですが、櫻井はそんなに器用でないですし、「先生は当てにならない」と端から参考にしていませんでした。というのも、「原曲通りに叩けないのに、アレンジできるわけがない」という考えが根底にあったのです。

まずはとにかく、原曲をコピーすることに努めました。大変だったのは、曲のサイズ(小節数)と、フィルインのフレーズと位置を正確に覚えることでした。うろ覚えの部分は手癖で叩きそうになるので、「1度でも間違えたら初めからやり直し」というルールを課して、何度も繰り返し演奏しました。もう、全然楽しくありません。しかし、「仕事だから仕方ない」と思いながら続けていました。

一番大変だったのはタイム・キープでした。なぜタイム・キープができないか、原因が自分にもわかっていなかったため、いつまで経っても原曲通りにできませんでした。初めて自分で選曲してコピーした曲は、たしかBOOWYの『ホンキー・トンキー・クレイジー』だったと思いますが、あの微妙なバウンス感が再現できず、どうやったらいいか先生に訊いたところ、「もっと難しい曲やろうぜ」と一蹴されて腹を立てたことを今でも覚えています。たぶん、櫻井も同じ立場なら似たようなことを言ったかもしれません。

このように、ブログがすぐ埋まるくらい、初めてコピーした曲というのは思い入れが大きくなるものです。今、ドラム講師になって、「初めてコピーする曲」を提案する側になったわけですが、生徒様が将来振り返った際、良い思い出になっていることを願うばかりです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA