初めてコピーした曲

Pocket

櫻井がドラムを始めたのは高校1年生の時で、初めてコピーした曲は「Venus」という曲だった。えっと、なんとかシェイバーだったか、シェイビイングなんとかだったか、とにかくカミソリみたいな名前のバンドの、BだったかB♭のsusコードから始まる有名な曲だ。櫻井の選曲ではなく、当時習っていたドラムの先生による選曲である。先生の趣味、というのもあるだろうけれど、他の楽器科(ボーカル、ギター、ベースなど)と一緒に演奏することを前提とした選曲であると考えられる。8ビートを基調とした簡単な曲ではあるけれど、16分音符のフィルも出てくるし、ちょっとしたキメもあるので、探せばもっと簡単な曲はあるだろう。

当時の先生は「耳で覚えろ」というタイプの教え方をしていて、譜面は一切書かず、ひたすら耳コピか、先生の演奏を観察する毎日だった。「Venus」の時も例外ではなく、最初に先生が音源に合わせて演奏するのだけれど、まず、ほとんど原曲通りに叩かず、いろいろとアレンジを加えた演奏をするのだ。そして、「こんな風に好きなように叩いていいから、あとは各自練習してきて」と、音源だけ渡す。当時はそれが普通だと思っていたけれど、今振り返ってみると、とんでもない教え方だと思う(非難ではない)。

勘の良い同期の子は、音源を渡された次のレッスンの時点で、先生のお手本の見よう見まねで、自分なりにアレンジして叩くのだけれど、櫻井はそんなに器用じゃないし、「先生は当てにならない」と端から参考にしなかった。というのも、「原曲通りに叩けないのに、アレンジできるわけがない」という考えが根底にあったからだ。そこで、まずはとにかく、原曲を完全にコピーすることに努めた。大変だったのは、曲のサイズと、フィルインのフレーズと位置を正確に覚えることだった。ちょっとうろ覚えの部分になると、手癖で叩きそうになるので、1度でも違うことをしたら初めからやり直し、というのを何度も何度も繰り返した。もうまったく全然楽しくない。まあでも、仕事だから仕方ない、と思いながら今も続けている。

曲のサイズやフレーズを覚えるのも大変だったけれど、一番大変だったのはタイム・キープだった。音感も運動神経もないので、こればっかりはいつまで経っても原曲通りにできなかった。初めて自分で選曲してコピーした曲は、たしかBOOWYの「ホンキー・トンキー・クレイジー」だったと思うけれど、あの微妙なバウンス感が再現できず、どうやったらいいか先生に聞いたら、「もっと難しい曲やろうぜ」と一蹴されて腹を立てたことを今でも覚えている。繰り返すが、非難ではない。たぶん、櫻井も同じ立場なら似たようなことを言ったかもしれない。

このように、ブログがすぐ埋まるくらい、初めてコピーした曲というのは思い入れが大きくなるものだと思う。今、ドラム講師になって、「初めてコピーする曲」を提案する側になったわけだけれど、将来振り返った際、良い思い出になっていることを願うばかりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA