何でドラムセットは作られるか

Pocket

ドラムセットは普通、木製である。「何を今さら」と鼻で笑ってはいけない。世の中の半分以上の人は音楽に興味がないし、興味がある人でもドラムセットなんかには目もくれない。ある番組でタモリさんが、派手なカラーリングのドラムセットを見て「これ、陶器(製)?」と質問していたけれど、非常に一般的な感覚だと思う。「ドラムセットは普通、木製である」と知っている方が少数だし、特異なのだ。できれば櫻井も、ドラムとは関わりたくなかった(これは少し嘘)。流石にもう遅いだろう(これも少し嘘)。

さて、話を戻して木材の話。世界には色んな木材があって、ドラムセットに使われる木材も様々だ。原産地やメーカーの製造方法、パーツによっても大きく変わってくるのだけれど、基本的には「その木材の性質が音として表れる」と思って良い。例えば、軽い木材は軽い音で鳴るし、硬い木材は硬い音で鳴る。「軽くて硬い木材」の代表例は「メイプル(かえで)」。恐らく、今最も多くのドラムセットに用いられている木材なのだけれど、メジャになったのは大体1990年代に入ってからと、割と最近のことである。それ以前、1980年代ごろは「バーチ(かば)」という、メイプルとは対照的な「重くて柔らかめの木材」がメジャだった。「柔らかめ」と書いたけれど、木材全般で言えばバーチは硬い部類に入る。どうも柔らかい木材は、あまりドラムセットには向いていないようである。恐らく、音の問題というより、耐久性に問題があるのだろう。

他にも「ブビンガ(まめ)」「オーク(なら)」は「重くて硬い木材」なので、メーカーはこぞって「メタラーにオススメ!」と推している。どちらも2000年代になってから頻繁に用いられ始めた木材だ。ブビンガは巨木だし、オークは比較的安価なので、不景気の中、儲けを得るためにコストパフォーマンスの良い木材を売りたいのだろう(知らんけど)。逆に「軽くて柔らかい木材」は「ポプラ(もくれん)」がある。1960年代に流行った木材でもあるのだけれど、当時の技術ではメイプルと組み合わせないと成型できないほど軟弱な木材である。最近になってオールポプラ材のドラムセットが出てきたけれど、ビックリするほど音がやわい(そして、身の毛もよだつほど安い)。

「ドラムセットは普通、木製である」と言ったとおり、木製じゃないドラムセットもある。ステンレススチールとかチタンなどの金属製もあるし、アクリル製のドラムもある。アクリル製なんかは透明(半透明)で見た目にインパクトがあるので、そこそこ人気はあるのだけれど、やはり音質面から言って、木材にとって代われるようなものではない。ちなみに、陶器製のドラムは聞いたことがない。仮にあったとしても、叩いた衝撃ですぐにヒビが入るか、最悪粉々に割れるだろう。ドラムソロの後にドラムセットを放り投げる某コルセットドラマーに是非使って頂きたい。普段使っているアクリルセットより、ずっとインパクトのある画が撮れるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA