会いたくて震える原理

Pocket

某有名恋愛ソングの1節らしいが、櫻井は聞いたことがないため、どんなメロディなのか想像もつかない。歌詞を見る限り、「会いたくて会いたくて震える」と、「会いたくて」を2回繰り返しているので、「16分音符を5-5-4で割ったフレーズと考えれば7/8拍子だな」とは思った。ちなみに、続く「君想う~」のフレーズも同じように割れる。とうとう変拍子の恋愛ソングを歌いだすような、ひねくれた性格の女子が出てきた、ということかもしれない。aikoを歌って女子力アピールする時代は終わったのだ(aikoにも変拍子の曲はあるけれど)。

さて、この曲は『私』『君』『あの子』の3人が登場するが、物語は『私』の1人称によって進行する。よって、「会いたい」と切望しているのは『私』であることは間違いない。会いたい相手が『君』であることも、他の歌詞を見れば明らかだ。具体的な性別は書かれていないが、歌い手が女性であるため、『私』と『あの子』が女性、『君』が男性と考えるのが適当だろう。問題は、「震える」の方である。そもそも震えるという言葉は、「物がこまかくゆれ動く、振動する」「恐怖、寒さ、緊張などのために身体がこまかく動く」と国語辞書で定義してあるとおり、振動するものが「物質」に限定される。「感情が高ぶっている様子」という意味で「心が震える」という言葉が使われることがあるけれど、これは誤用で、「恐ろしさのあまり膝が震える」や「怒りで肩が震える」が正しい。つまり、『私』の身体、あるいは私の所有している何かが実際に振動しているのだ。しかも、無意味に振動しているわけではない。「会いたい」という感情によって、必然的に震えてしまっているのだ。

状況を整理しよう。まず、「記念日を2人で過ごしていた可能性がありました」「複数回にわたり、愛していると発言していました」などから、『私』と『君』は過去、恋愛関係にあったことがわかる。そして、「貴殿の幸福は到底願えません」「『あの子』である必要があるのですか」などから、現在『私』と『君』は破局、『君』は『あの子』と恋愛関係にあることがうかがえる。さらに、「貴殿以外に選択肢はありません」「抱擁と、うるさくない程度のボリュームで名指しすることを再度要求します」などから、『私』は『君』との復縁を所望している、と察することができる。復縁するくらいなら初めから別れなければいいのに、と思ったが、『君』から一方的に別れを切り出されたという可能性も否めない。いずれにせよ、性格の悪さが見てとれる。さすがは変拍子系女子だ。

以上のデータを元に、『私』の何が震えているか考察する。この『私』は、「貴殿は我の所有物であった」「貴殿に関する知識について、我の右に出る者なし」と言い切るほどふてこい態度をとっているばかりか、「Baby I know」など、途中で英語を使ってくるほど心理的余裕がある。とてもじゃないが、「会いたい、という思いが感情を高ぶらせ、身体を震わせた」とは思えない。ゆえに、「『私』が『君』との復縁のためにすべき必要な工程(行動)で、震えざるを得ないもの」と考えるのが自然だ。真っ先に思い浮かぶのが携帯電話やスマートフォンのバイブレーションである。「復縁するには電話よりも、メールやラインでメッセージを送るのが吉」とNaver のまとめにも書いてあったから間違いない。

ところがよく見てみると、『私』は「我は貴殿を慕う言辞を申すことができませぬ」と、『君』に対してアクションを起こしていないのである。それに、携帯電話が震えるのは送信時ではなく受信時である。そこで、「『私』と『あの子』は面識があり、『君』と別れるよう直談判していた」という可能性が考えられる。『君』と別れろ、という内容のメッセージを『あの子』に送信していたとなると、『あの子』から何らかのリアクションがあってもおかしくはない。この考察が真だった場合、「会いたくて震える」を正確に表現すると、こうなる。

『君』に会いたくて、でも彼女がいると気まずいから『あの子』に別れるようラインしたら反応がすごくてスマホが震える

みんなも変拍子系女子には気をつけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA