モテ期

Pocket

異性から無条件に好意を持たれる一定の期間のことらしい。実際は条件付きであるため、当人が把握していない自身の魅力により異性から好かれる、というのが正確である。好意は恋愛感情に限定したものではないが、多くの場合、恋仲になることが目的とされている。更にこの「モテ期」は、一生のうちに3度だけ、と訪れる回数が決まっているらしい。「俺、まだモテ期来てない」という希望観測か、「俺、あの時はマジでモテ期だった」といった懐古に用いられるのがほとんどで、「俺、今モテ期の真っ最中」と現在進行形で用いられることは少ない。

モテ期になると、まず隣に住んでいる幼馴染が朝ベッドまで起こしに来る。急な出張で両親は不在になり、血の繋がっていない妹が朝食を作る。登校すると席が窓際の一番後ろになっており、季節外れの転校生が実は幼い頃の知り合いだったりする。眼鏡をかけたクールな子や、変な口癖がある子、何かと突っかかってくる生徒会長、実は正体がキツネな子、電車にはねられたと思いきやラスト30秒で謎の復活を遂げる子など、とにかく色んな子に好意を持たれるようになる。記憶障害により昔のことはあまり思い出せず、肝心なところで難聴になる、というデメリットはあるが、日常生活に支障はない。

このような「モテ期」の存在がまことしやかに取り沙汰されるのは、「異性に好意を持たれることは一種のステータスである」という世の中の風潮によるものである。確かに他者から好かれるというのは、社会で生きていく上で有利なものだと思うけれど、異性に限定するとなると話は変わってくる。元より人間の本能は異性同士が惹かれるようになっているのだから、いくら異性に好かれたところでそれは普通というか、当たり前のことなのだ。むしろ、同性に好かれる方が遥かに難易度が高い。物凄く関係のない話だけれど、高校時代の櫻井はいつもバンドのメンバー(男)と一緒にいたので「あいつらゲイなんじゃないか」とまことしやかに取り沙汰されたことがあった。念のため断っておくが、少なくとも櫻井はゲイではない。

この「異性にモテるのはステータス」という風潮は今後、次第に薄れていくのではないか、とは思う。前述の通り、当たり前のことなのでステータスになりえない、というのも原因のひとつだけれど、「他者から好かれずともそれなりに生きていけるくらい豊かな社会になった」というのが大きい。人間が群れることは今後も続いていくだろうけれど、規模はどんどん縮小するだろう。

さらに関係のない話だけれど、櫻井は小学生のころ、男子グループの遊び(サッカー)をやりたくない、という理由で、4年生くらいまでずっと女子のグループに混じって遊んでいた。逆しずかちゃんである。しかし、好意は持たれなかった。むしろ嫌われていたんじゃないかと思うけれど、その反感を上回って櫻井はサッカーをやりたくなかった。どこからか「昔から変わってないのね」という声が聞こえそうだが、こう答えておく。「え、なんだって?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA