ミュージシャンの性格

Pocket

ギタリストは「根暗」である。ミュージシャンの中でも特に社交性がないし、内気で受け身な性格をしている(櫻井がいい例である)。そのくせ、ステージに立つと「俺を見ろお!」と言わんばかりにボリュームを上げて動き回るからたちが悪い。一緒にいても疲れるだけだろう。演奏が格好良いからといって騙されてはいけない。自己中心的な態度に振り回された挙句、「夢のためには犠牲がつきものだ」と捨てられるのがオチだ。

ベーシストは「変態」と評されることが多いけれど、その通りである。まず、音楽の低音部という、誰も聞いていないパートを好いて選んでいる時点で狂気の沙汰としか思えない。そのくせ「バンドの中枢を担っているのは俺だ」という、とんでもない勘違いをしているおめでたい頭の持ち主でもある。しかし、打たれ弱いので、正論を突きつけると落ち込むか逆ギレされる恐れがある。生温かい目で見守ってあげましょう。

上の2つに比べたらドラマーは可愛いものである。ごくごく普通だし、素直な性格をしている(櫻井がいい例である)。ただ、あえて欠点を挙げるとすれば「どうしようもなく馬鹿」という特徴がある。バンドの会話にもついていけないため、「うん、それでいいよ」しか言えない。「とりあえず今が楽しめればええやん」がモットーなので、将来性もない。一番結婚してはいけないタイプかもしれない。

最も性格が歪んでいるのは、サキソフォニストである。転調楽器を扱っているせいか、物の見方が屈折している。ソプラノ、テナー(B♭管)は多少ずれている程度だからまだマシだ。自覚がない人もいるので、好意的に見れば「天然」とも言える。酷いのはアルトとバリトン(E♭管)で、素っとん狂なことを狙って言う癖がある。おまけに、そんな自分に酔っているから救いようがない。

なお、櫻井の妻は元々バリトン・サックス奏者である。今は引退しているけれど、時々その片鱗を見せるから困る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA