ミスチルを知らない世代

Pocket

先日、ある現役大学生と音楽の話題になった時、「ミスチルって知ってる?」と訊いたところ、「名前すら聞いたことがない」と返ってきました。櫻井の世代なら誰でも1曲はメロディが口ずさめるくらいメジャーなバンドなので、この返答にはひどく驚きました。しかし、ピークはもう20年近く前ですし、今の若い子が知らないのも当然と言えば当然です。U2の新作アルバムがライブラリに自動ダウンロードされた時は、「U2って誰?」という声が多数あったそうです。音楽に興味がない人は、まずライブラリを開かないため、「誰?」とすら思わないでしょう。音楽をやっていると、自然に音楽好きが集まってくるので忘れがちですが、音楽に無関心な方は珍しくありません。どちらかと言えば、ミュージシャンの方が珍しいのではないでしょうか。

音楽に限った話ではありませんが、YouTubeなどが発達した今の世の中、音楽にお金を払う行為は、「普通」のことではなくなりました。今の「普通」は、「いかに無料で楽しめるか」にかかっています。そのため、「音楽に対してお金を落とす世代」の年齢が上昇し、業界もそのニーズに応えようとします。近年流行りのバンド再結成もその1つでしょう。古参のバンドは、ベストを出して新規ユーザを獲得するより、既存ユーザへ向けて新曲を出すことに力を入れていくのではないでしょうか。あとは、音楽以外の付加価値をつけるしかありません。「握手券」が良い例でしょう。アニメの主題歌もこの類に入ると思います。「良い曲だから買う」ではなく、「良いアニメの主題歌だから買う」という層を狙うわけです。

「お金を落とす世代」がさらに高齢化し、いずれはいなくなった時、この傾向は消えるかもしれません。櫻井よりも若い世代が生き残るために、自分に何ができるか、何が残せるのか考えなければなりません。割と真剣に、老後について考えています。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA