ミスチルを知らない世代

Pocket

先日、ある現役大学生と音楽の話題になった時、「ミスチルは知ってる?」と聞いたら、「名前すら聞いたことがない」と返ってきた。櫻井の世代だと、どんな人でも1曲はメロディが口ずさめるくらいメジャなバンドなので、この返答にはひどく驚いたけれど、ピークはもう20年近く前だし、今の若い子が知らないのも、当然と言えば当然である。他にも、U2の新作アルバムがライブラリに自動ダウンロードされた際、「U2って誰?」という声が多数あったそうだ。音楽に興味がない人は、まずライブラリを開くことがないので、「誰?」とすら思わない。音楽をやっていると、自然に音楽好きが集まってくるので忘れがちだけれど、半数以上の人はこのように、音楽に対して無関心だと言える。少なくとも、積極的ではない。今後はこの傾向がもっと強まり、ますますマイナーになっていくだろう。

音楽に限った話ではないけれど、YouTubeなどが発達した今の世の中、音楽にお金を払う行為は、異常とまではいかないまでも、「普通」のことではない。今の「普通」は、「いかに無料で楽しめるか」にかかっている。そのため、「音楽に対してお金を落とす世代」の年齢が上昇し、業界もそのニーズに応えようとする。近年流行りの「バンド再結成」もその1つだろう。古参のバンドも、ベストを出して新規ユーザを獲得するより、既存ユーザへ向けて新曲を出すことに力を入れていくのではないだろうか。あとは音楽以外の付加価値をつけるしかない。「握手券」が良い例だろう。「アニメの主題歌」もこの類に入ると思う。「良い曲だから買う」ではなく、「良いアニメの主題歌だから買う」を狙うわけだ。

しかし、この傾向にも終わりがくる。「お金を落とす世代」が高齢化し、いずれはいなくなるからだ。30年も経てば、儲けは半分以下になっているのではないか。30年後だと、櫻井はまだ定年前なので、ギリギリ逃げ切れない。もっと重要なのは、櫻井よりも若い世代がその後生き残るために、自分に何ができるか、何が残せるのか考えなければならない、ということ。割と真剣に、老後について考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA