ペンはシェークより強し

Pocket

「13歳のハローワーク」の人気職業ランキングにて、毎年トップを飾る「プロスポーツ選手」という職業。昔から男子の憧れの夢として定番だけれど、最近は「なでしこJAPAN」の活躍で女子にも人気があるらしい。日本で最も数が多いプロスポーツ選手はボクサーだと思うけれど、13歳に人気なのは野球やサッカーなどの「球技」のプロスポーツ選手だろう。ちなみに球技のプロスポーツ選手で最も数が多いのは、ゴルファーである。

世界で活躍する日本人選手、というのも最近は珍しくなくなったが、球技は背の高い欧米人が有利というのが通説である。ところが、背の低い日本人(アジア人)が活躍できる球技がひとつある。ご存知「卓球」である。英語では「テーブルテニス(Table tennis) 」と表記するが、口語では「ピンポン(Ping-pong) 」と言うのが普通である。

卓球のラケットは大きく分けて「シェーク型」「ペン型」の2種類に分かれており、それぞれで握り方・フォームが異なる。簡単な見分け方としては、両面にラバーが貼ってあって重いのが「シェーク型」、片面だけにラバーが貼ってあって軽いのが「ペン型」。両面にラバーが貼ってあるペン型もあるけれど、共用でラケットを使い回すくらいのシチュエーションではまず、お目にかかれない。

シェーク型はフォア・バック共に攻守に優れるが、インコーナーの球に対応しづらい。その為、卓球台から距離を取って戦うのが基本戦術になる。一方、ペン型はインコーナーの球には強いが、バック側に打たれると滅法弱い。バック側を警戒しすぎてフォア側に大きく打たれるということもあるため、ボールに対する反射神経や脚力、接近戦に持ち込むといった工夫が必要になる。

ラバーにもいくつか種類があるけれど、最もポピュラーなものは平らな形状の「裏ソフト」というもの。ポピュラーなのに「裏」と呼ばれるのは、元々はデコボコした形状のラバーを貼るのが普通だったのだけれど、ある時それを裏表逆に貼ったら回転がかけやすくなって強くなったため、という背景があったりする。本来のデコボコしたラバーも「表ソフト」という名前で使われている。こちらはボールに回転がかけにくいが、相手の回転の影響も受けにくいという性質を持っている。

これだけ言った後に何だけれど、櫻井は元・卓球部だとか、誰かに習ったことがある、という経験は一切ない。そもそも、ある日曜日に教会で友人らと卓球した際、こてんぱにされたのが悔しくて、その翌日、図書館で3時間かけて卓球の教本を読みふけったのが事の発端である。次の日曜に再戦した際、「人はイメージトレーニングだけでここまで進化するのか」という恐怖を与えるほどまでに上達した経験がある。ただ、確かに見違えるほど上達はしたのだけど、1セットも取ることはできなかった。やはり経験に優る上達はない。

ちなみに櫻井はペン型・前陣速攻タイプ。というのも、櫻井の悪友で最大のライバルがシェーク型・ドライブ主戦タイプで、それの反発である。説明するまでもなく、櫻井の方が強い。圧勝である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA