フォーム

Pocket

ちょうど卒業試験が終わるくらいの頃から無性にギターが弾きたくなり、大学に置いてあるギターをこっそり拝借して練習している。櫻井が初めて手にした楽器であり、演奏していて最も楽しい楽器なのだけれど、気持ちとは裏腹に、30分くらい弾いただけで左手首と首が痛くなってしまう。腱鞘炎はギタリストにはつきものだけれど、櫻井の場合はそれ以前の問題で、フォームがなっていないのだ。フォームの良し悪しにも色々あるけれど、この場合は「余分な力が入っていない動作」が良いフォーム、「肉体的損傷を負わせる動作」を悪いフォームとする。天賦の才でもない限り、楽器を習得するには長い時間をかける必要があるけれど、フォームが悪いとそれすら適わない。

考えてみればドラムも、始めた当初は手に豆ができることが多かった。バスドラムの奏法を変えて練習し、足首を痛めてしまったこともある。今はどちらも改善され、最低限の力で演奏することができる。たまに徒歩で移動して、翌日筋肉痛になって歩くのもやっと、みたいな状態でも普通に叩けるので、ドラムの演奏は歩く以上の筋力を使わないんだと思う。極端な話、少しくらいなら寝ながらでも叩ける。試した範囲だと、7時間くらいなら休憩なしでも叩ける(ジャズだからだろう)。良いフォームがそのまま音楽的成功に繋がることはないけれど、それでも音楽に集中するためには良いフォームが必要不可欠である、と思う。

それに、良いフォームで演奏できれば、単純に楽しいはずだ。「はず」と未来希望形にしたのは、良いフォームで演奏できる楽器がドラムだけであり、そのドラムに何ら愛着を持っていない櫻井の経験と私情に起因する。でも普通は、その楽器が好きだから演奏したい、と思うはずである。櫻井がもし7時間ぶっ続けでギターを弾けるくらいになったら、家にいる間はずっとギターを持っていると思う。将来的には本とギターで隠居するつもりなので、その夢のためにも、今は良いフォームを習得できるよう練習に励むのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA