フォーム

ちょうど卒業試験が終わるくらいの頃から無性にギターが弾きたくなり、大学に置いてあるギターを拝借して練習しています。ギターは櫻井が初めて手にした楽器であり、演奏していて最も楽しい楽器ですが、気持ちとは裏腹に、30分くらい弾いただけで左手首と首が痛くなってしまいます。腱鞘炎はギタリストにはつきものですが、櫻井の場合はそれ以前の問題で、フォームがなっていないのだと思います。フォームの良し悪しにもいろいろありますが、今回は「余分な力が入っていない動作」が良いフォーム、「肉体的損傷を負わせる動作」を悪いフォームということとします。

天賦の才でもない限り、楽器を習得するには長い時間をかける必要があるわけですが、フォームが悪いとそれすら適いません。考えてみれば、ドラムも始めた当初は手に豆ができることが多かったです。バスドラムの奏法を変えて練習し、足首を痛めてしまったこともありました。今はどちらも改善され、最低限の力で演奏できます。筋肉痛になって歩くのもやっと、みたいな状態でも普通に叩けるため、ドラムの演奏は歩く以上の筋力を使わないのでしょう。極端な話、少しくらいなら寝ながらでも叩けます。試した範囲だと、7時間くらいなら休憩なしでも叩けます(ジャズだからだろう)。良いフォームがそのまま音楽的成功に繋がるとは考えにくいですが、それでも音楽に集中するためには良いフォームが必要不可欠であるといえます。

それに、良いフォームで演奏できれば、単純に楽しいはずです。櫻井がもし7時間ぶっ続けでギターを弾けるくらいになったら、家にいる間はずっとギターを持っていることでしょう。将来的には本とギターで隠居するつもりなので、その夢のために、良いフォームを習得できるよう練習に励むのでした。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。