ドラム関連器材

Pocket

基本的にドラムはスタジオやライブハウスに常設されていますので、ドラマーが自分で用意しなければならない器材はスティックだけになります。「種類がいっぱいあって、どれを選べば良いかわかんなーい☆」というローラは、Vic Firth社の5Aか7Aをお買い求めください。今は某オンライン楽器店で810円 / 1ペアで買えます。他に「チューニング・キー」「メトロノーム」「練習パッド」があると良いかもしれません。チューニング・キーはドラム・セットに常備されていることが多いですし、メトロノームは携帯のアプリで無料ダウンロードできるし、練習パッドは少し厚めの古雑誌で代用できますが、これらは少なくとも10年以上使うことになる器材なので、少々高くても良いものを購入してはいかがでしょうか。

次に買うものとして「ペダル」「スネア」「エフェクト・シンバル」が挙げられますが、これらは本当に必要なのかどうか、よく見極めなければなりません。「スタジオのペダルが踏みづらいから」「スタジオのスネアの音が悪いから」という理由で買うと、その器材でないと演奏できない身体になってしまいます。エフェクト・シンバルでは「買ったのを見せびらかしたくて4小節に1回は叩いてしまい、全然エフェクトになってない」という失敗が多くみられます。いずれの機材も、買うかどうか迷っているのであれば、買わない方が懸命でしょう。

細かい器材では、カウベルなどの「スモール・パーカッション」「ブラシ、マレット類」「スティック・ケース」があります。比較的安い器材ですし、持っていて損はありませんが、スモール・パーカッションに関してはエフェクト・シンバルと同じ失敗をしないように注意しましょう。また、ブラシやマレットの扱いはスティックと似て非なるものなので、油断していると文字通り痛い目を見ることになります。値段は高いですが、「ツイン・ペダル」も同様です。スティック・ケースはバンドのメンバーから誕生日にプレゼントされるのを待っていましょう。

大きな器材では「ドラム・セット」「シンバル」があります。自宅でドラムが叩ける場合は別として、買わなければならないというシチュエーションはあまりありません。ここまでくると、必要の対象が自分だけではなく、他人も関わってくるのではないでしょうか。ようするに、誰かに「買って用意しておいて」という要求が定期的に続く場合です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA