ドラム関連器材

Pocket

基本的にドラムはスタジオやライブハウスに常設されているので、ドラマーが自分で用意しなければならない器材は「スティック」だけだと思う。「種類がいっぱいあって、どれを選べば良いかわかんなーい☆」というローラは、Vic Firth社の5Aか7Aを買いましょう。昔は高かったけれど、今は某オンライン楽器店で810円/1ペアで買える。あと買うべきなのは「チューニング・キー」「メトロノーム」「練習パッド」。チューニングキーはドラムセットと一緒に常備されていることが多いし、メトロノームは携帯のアプリで無料ダウンロードできるし、練習パッドは少し厚めの古雑誌で代用できるけれど、これらは少なくとも10年以上使うことになる器材なので、少々高くても良いものを購入することをオススメする。

次に買うものとして「ペダル」「スネア」「エフェクト・シンバル」がよく挙げられるけれど、これらは「本当に必要なのかどうか」をよく見極めなければならない。特にペダルは、「スタジオのペダルが踏みづらいから」という理由で買ってはならない。スネアにしても同じことが言えて、「スタジオのスネアの音が悪いから」という理由で買ってはならない。エフェクトシンバルでよくあるのが「買ったのを見せびらかしたくて4小節に1回は叩いてしまい、全然エフェクトになってない」という失敗。馬鹿馬鹿しいと思うかもしれないけれど、櫻井の周りだけでも半分以上の人がこの失敗を犯している。いずれの機材も、買うかどうか迷ってるくらいなら買わない方が懸命である。

細かい器材では「カウベルなどのスモール・パーカッション」「ブラシ、マレット類」「スティック・ケース」がある。比較的安い器材であるし、持っていて損はないけれど、スモール・パーカッションに関してはエフェクトシンバルと同じ失敗をしないように注意が必要である。また、ブラシやマレットの扱いはスティックと似て非なるものなので、油断していると文字通り痛い目を見る。値段は高いけれど、「ツイン・ペダル」も同様。スティック・ケースはバンドのメンバーから誕生日にプレゼントされるのを待っていよう。

大きな器材では「ドラム・セット」「シンバル」、いわば楽器本体である。自宅でドラムが叩ける場合は別として、まず買う必要はない。ここまでくると、必要の対象が自分だけではなく、他人も関わってくる。ようするに、誰かに「買っといて」と要求される状況が定期的に続く場合は買うしかない。ただし、重要なのは実際「買っといて」と口にされる前に用意しなければならない、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA