ドラムの練習に重いスティックを使うのは効果的か

Pocket

ドラムの練習時に、普段使っているスティックよりも長かったり太かったりするスティックを使う人がいる。スティックの体積が増せば振り心地が重くなるため、身体に負荷がかかり鍛えられる、という理屈だ。長さは3mm、太さは0.5mm変われば振り心地が変わってくるため、いつもより1mm太いスティックを使うだけでかなりの負担になるだろう。ドラム・スティックよりも規格が大きいマーチング・スティックを練習用スティックにしている人もいる。

櫻井が普段のレッスンで使っているスティックは、長さ423mm、太さ19mmという非常に大きなモデルである(ドラム・スティックの平均的なスペックは長さ408mm前後、太さ14mm前後)。もともとは「普通のスティックよりも長持ちする(スティックなんぞにお金をかけたくない)」という理由で使い始めたのだけれど、普通のドラム・スティックの演奏が前よりも楽になった。メインで使っているスティックは平均よりもだいぶ重いモデル(太さ16mmのヒッコリーかオーク)だが、紙のように軽く扱える。負荷をかけると鍛えられるというのは伊達でない。

ただし、注意しなければならないポイントもある。

◯メインのスティックも使うこと

重いスティックとメインのスティックは、全く別のスティックである。重いスティックばかり使っていると「メインのスティックが軽過ぎて、かえって叩きづらい」という事態になりかねない。スティックがもつポテンシャルを活かすためには、実際にそのスティックを使う必要がある。

◯身体に負荷をかけ過ぎないこと

単純に、怪我のもととなる。特に、経験の浅いドラマーは力が入りやすく、フォームが崩れる可能性が高い。ドラマーはスティックを振り回す側であり、スティックに振り回されているようではトレーニングどころではない。フォームについて知識があり、ある程度脱力して叩ける人でなければ、かえって逆効果である。

以上。いずれにせよ、重いスティックを使うのは「力を抜くため」であり、「筋力を鍛えるため」ではない。ダイエット目的なら重いスティックを使うより、リストウェイトを使った方が効果的だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA