ドラマーが選ぶ好きなピアニスト

過去に好きなギタリスト、ベーシストについて触れたことがありますが(参考『我が心の3大ギタリスト』『ドラマーが選ぶ好きなベーシスト』)、今回はピアニストです。

そもそも僕がジャズの世界に足を踏み入れたきっかけがピアノ・トリオなので、ピアニストは特別な存在です。特にビル・エヴァンスセロニアス・モンクが好きですが、どちらかと言えば「彼らの作る曲が好き」という印象があります。

純粋に演奏で初めて感動したのは、たぶん、バド・パウエルだと思います。もともとモンクが好きなので、モンクの影響を受けたパウエルの曲が好き、という面も少なからずありますが、彼ならではの音色とフレーズに惹かれたのは確かです。好きなベーシストもそうですが、一聴して耳に残るような、特徴的なアーティストを好きになりやすいみたいです。

★オススメ ライブ




あとは、ピアニストというよりキーボーディストですが、ヤン・ハマーもかなり好きです。マハヴィシュヌ・オーケストラやジェフ・ベックとの共演におけるイケイケな演奏も好きですが、ジョン・アバクロンビーの『Timeless』がとてもとても好きで、もし自分のバンドを持つならこういうバンドが良いな、といつも思います。なお、ドラムはジャック・ディジョネットです(参考『ジャック・ディジョネット難過ぎひん?』)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上部へスクロール