ドラゴンナイト

Pocket

日本のゲーム会社「スクウェア(現スクウェア・エニックス)」のロール・プレイング・ゲーム「ファイナルファンタジー・シリーズ」に登場する「ジョブ(職業)」というアビリティ(特殊能力)の1つ。日本語では「竜騎士」と表記される。「戦士」や「侍」といったジョブ同様、攻撃力・防御力に特化し、物理攻撃をメインに扱う、前衛向けのジョブである。大きな特徴として、「『ジャンプ』という技が使える」「槍を装備できる」の2つが挙げられる。シリーズすべての作品に竜騎士が登場するわけではないが、この2つの特徴を満たしているキャラクターを「いわゆる竜騎士キャラ」と呼ぶことがある。

ジャンプは、跳躍した後に急降下し、着地と同時に斬撃を与える物理攻撃。跳躍に1ターン、急降下と着地(攻撃)に1ターン、計2ターン消費する。この技には、「跳躍中(1ターン目)における敵攻撃の無効果」「通常攻撃よりもダメージが倍相当」という特徴がある。一応これらはメリットとして挙げられるのだけれど、実は物凄い欠点がある。基本的にファイナルファンタジーは、パーティ(複数名のキャラクターで構成された戦闘組織)で話を進めていくため、個人の能力よりも、パーティの連携を活かせるかどうかが攻略の鍵になってくる。つまり、竜騎士ひとり敵攻撃を受けないのは大したメリットにならない(むしろ、回復役などの後衛に敵攻撃の矛先が向けられる、とも考えられる)。また、「ダメージが倍相当」というのも、攻撃に2ターン消費するので、結局、2回通常攻撃しても同程度のダメージが与えられるので、あまりメリットにならない。跳ぶだけ無駄、とも言える。

現実世界における槍は、リーチ(攻撃可能範囲)を長く取れるため、攻守共に優れた武器として知られるが、ファイナルファンタジーにおける槍は、これといった特徴がない。強いて挙げれば、グラフィックの違いくらいか。剣に比べ攻撃力や命中率が上がるとか、そんなことも全然ない。大抵のシリーズで、北欧神話に登場する「グングニル」が槍系の最強武器として出てくるが、そもそも竜騎士というジョブ自体がナイトや格闘家といった前衛系のジョブよりも攻撃力が低い(防御力も低い)ため、同スペックの武器を使っても差が出てしまうことが多い。

このように竜騎士は、非常に勝手の悪い、扱いにくいアビリティなのだけれど、未だに根強い人気がある。というのも、当初は「飛竜の恩恵を受けた伝統ある騎士」みたいな設定があったり(ジャンプという技があるのも、この設定が元となっている)、作品によっては「竜技」という、竜騎士一族に伝わる奥義を使うキャラクターもいたり、何かと中2心をくすぐられる格好良さを持ったポジションなのだ。最新作では「今時、まだ剣使ってんの?」なんて名台詞が聞けるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA