ドラえもん新旧オープニング・テーマで見る、現代社会の闇

Pocket

当記事における旧ドラえもんオープニング・テーマ(以下、旧テーマ)は、1979年から2005年までバージョンを変えつつも主題歌であった「ドラえもんのうた」を指す。また新ドラえもんオープニング・テーマ(以下、新テーマ)は、2007年から現在までの主題歌「ゆめをかなえてドラえもん」を指す。旧テーマは初代ドラえもんのオープニング・テーマではないが、バージョンを変えつつ26年という長い期間主題歌であったため、数あるドラえもん関連の曲の中で最も認知された曲だと言える。一方新テーマは、声優陣が一新したドラえもん以降の主題歌で、まもなく10年目を迎える。今の小学生が言う「ドラえもんうた」は、十中八九この新テーマである。

どちらの歌も2番以降の歌詞が存在するが、テレビで主題歌として使われているのは一番の歌詞だけである。また、曲構成もAメロ、Bメロ、サビで共通している。1つずつ紐解いていこう。

旧テーマのAメロは、「私には様々な夢があり、それらを可能にしたい」という主人公の希望から始まる。そして、「それらを可能とする不思議なポケットの存在」を仄めかす。Bメロに入り、主人公は「空を自由に飛びたい」という具体的な達成目標を提示する。すると、ドラえもんが「タケコプター!」と絶叫しながら登場、不思議なポケットから道具を取り出して主人公に差し出す。そしてサビに入り、意味深な喘ぎ声と共に主人公はドラえもんに好意を2度伝える。以上が旧テーマの概要である。不可解な点も少々含まれているとはいえ、「主人公の具体的な達成目標の完了と謝辞」という、非常にシンプルでわかりやすい歌詞だと言える。

 問題は、新テーマである。まず、Aメロは「私は夢を心の中にいつも描いている」という主人公の傍白から始まる。ここまでは旧テーマとほとんど一緒だ。「夢」の部分を「世界地図」に比喩していたり、「自分だけの」という限定を使っていたりしていたりして、旧テーマにはない新しい雰囲気もある。ところが、ここに突然ドラえもんが現れる。そして、「タケコプター!」と絶叫するのだ。主人公はこの時点ではまだ何も具体的な目標設定をしていない。それにも関わらず、ドラえもんはタケコプターを主人公に押し付けるのである。

さらに、2回目のAメロ冒頭で主人公は「空を飛び、時間を越える」という行動を提示する。これは明らかにドラえもんの「タケコプター」の影響を受けた発言だ。「空を飛びたい」「時間を越えたい」という欲求でないことからもそれがわかる。続けて主人公は「ドアを開けて遠い国でも行きたい」という達成目標らしき発言をしているが、「遠い国」という時点で具体性に欠ける。また、「ドアを開けて」という発言は、完全にドラえもんの道具を前提とした方法である。そこに、待っていましたと言わんばかりにドラえもんが登場、「どこでもドア!」と絶叫するのである。まだAメロであるというのに、既に道具を2つも出しているのだ。完全なる甘えである。

つづいて、新テーマBメロは、「大人になったら忘れるのだろうか」という主人公の疑問で始まる。何を忘れるのかについては言及していないが、Aメロで描いていた夢のことであると察しがつく。そして次の瞬間、「こういった状況においては、思い出すことをしよう」という提案がいきなり飛び出してくる。果たして誰がこの提案をしているか。仮にドラえもんの提案とすると、この一言だけがドラえもん視点(他はすべて主人公視点)になるので不自然である。主人公だとしても「こういった状態」つまり「大人になって忘れてしまっている状態」なので、そもそも思い出せない(解決方法にならない提案をしている)ので、やはり不自然である。

そして、サビ。主人公は「シャラララ」と歌ったり「手を繋ごう」という提案を第3者に持ちかけたりしている。そんな歯の浮くような台詞の中、主人公はドラえもんに対し「私の夢を叶えさせなさい」「世界中に夢を溢れさせなさい」と命令しているのだ。「どんな夢を叶えさせるのか」「どのように世界中に夢を溢れさせるのか」、具体的なことは何1つない。一言で言えば、「横暴」である。このようにして、主人公は暴力の限りを尽くし、何も成長しないままエンディングを迎える。これを悲劇と呼ばずとして何と呼ぶというのか。

これらからわかることは3つ。「具体性なき者は他者の発言に流されやすい」ということ。「過度な甘えは対象を横暴にさせる」ということ。そして「横暴な者に成長なし」ということ。逆を言えば、「具体性は周りに流されない信念となる」「適度な戒めは対象を柔和にさせる」「柔和な者は成長する」ということだ。旧テーマのシンプルさから一転、新テーマは奥の深い反面教師ソングなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA