トマス

聖書に出てくる登場人物の中で、僕が特に憧れているのは『ヨブ記』に出てくるヨブ(参考『ヨブ』)ですが、最も親近感を覚えるのはトマスだと思います。トマスは新約聖書の登場人物で、イエス・キリストの12使徒の1人です。12使徒と言えば、イエスが直々に弟子として迎え入れた側近の中の側近です。さぞ立派な信仰者なのだろうと思いきや、このトマス、どうしようもないポンコツクリスチャンなのです。

トマスのエピソードで最も有名なのは「イエスの復活を信じなかった事件」です。クリスチャンとは、教会へ行っている人や賛美歌を歌っている人ではなく、「イエスが神のひとり子として十字架にかけられ、復活したと信じて受け入れている人(使徒8:32-37)」のことです。しかしトマスは「実際にイエスを見なければ信じない(ヨハネ20:24-25)」と頑なに受け入れなかったのです。

もう1つ、僕が好きなエピソードは「悲観しすぎ事件」です。ヨハネの福音書11章では、イエスがラザロという人物へ会いにユダヤへ向かおうとします。ユダヤにはイエスの命を狙う者がいるため、弟子たちは考え直すように説得するのですが、トマスは先走って「イエスと一緒に死のうではないか(ヨハネ11:16)」と口にするのです。彼なりの信仰だったのでしょうが、殺されるのが前提になっているのは滑稽なくらい悲観的です。

★オススメ ライブ




僕はトマス以上に疑い深いですし、悲観的です。そんな僕でも救われるように、神様はトマスを12使途に加えたのでしょう。憐れみに感謝して、アーメン。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上部へスクロール