デュオ

Pocket

ミュージシャン2名で編成されたアンサンブルのことで、日本語では「二重奏」という。ボーカリスト×ボーカリスト、サキソフォニスト×サキソフォニストなど、同じ楽器でも良いが、異なるパート(ソプラノ×テナー、アルト×バリトンなど)で編成されるのが一般的である。これは、2人の演者がそれぞれ異なる部署を担当することで、音域、フレーズなどがぶつかることを避け、楽曲のバランスを整えるためであると考えられる。そのため、メロディ楽器×メロディ楽器、コード楽器×コード楽器など、同系統デュオより、メロディ楽器×コード楽器など、別系統デュオが多い。

メロディ楽器で代表されるのは、ボーカル、トランペットやサックスなどの管楽器、バイオリンやチェロなどの弦楽器。コード楽器は、ギター、ピアノやビブラフォンなどの鍵盤楽器(鍵盤打楽器)が挙げられる。ポピュラー音楽では「ボーカル×ピアノ」「ボーカル×ギター」、クラシック音楽では「バイオリン×ピアノ」の組み合わせがよく見られる。バイオリニストは自由奔放で、正確無比なピアニストを翻弄したりする。そのピアニストの母親はとても厳しいのだけれど、声で「本当は良い人だ」とネタばれしたりする。

ドラムという楽器は「リズム楽器(打楽器)」という性質上、あまりデュオに向いていない。というのも、音楽の3大要素(メロディ、ハーモニー、リズム)のうち、基本的にドラムはリズムしか奏でることができないため、バランスに欠くのである。しかし、例外はある。ひとつは、フリージャズにおける「メロディ楽器×ドラム」の組み合わせ。これは、フリージャズが、ハーモニーを必要としない(むしろ、敬遠される)という特質を持った音楽であるため、デュオの一方がリズムだけでもバランスが成り立つためである。あとは「リズム楽器×ドラム」の組み合わせで、パーカッション・ソロのような効果を狙ったもの。ただこれは、音楽的要素よりも運動的要素が強いので、かなり飛び道具的ではある。一晩3ステージのライブや、レストランのBGM演奏を行なうとなると、よほどのアイディアが必要だろう。

そういえば、何年か前に「ピアノ×ドラム」というデュオを題材にした作品があった。アイディアが秀逸で面白い音楽だったけれど、デュオというより、ピアノ・ソロの後ろにおまけでドラム、といったバランスだった。個人的には、ドラムがない方が良い、とさえ思った。甘く見積もっても仕事量は7:3くらいでピアノが働いているし、報酬もそれくらいの配分にすべきだろうな、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA