デュオ

Pocket

ミュージシャン2名で編成されたアンサンブルのことで、日本語では「二重奏」と言います。ボーカリスト×ボーカリスト、サキソフォニスト×サキソフォニストなどの同じ楽器2名はもちろん、異なるパート2名(ソプラノ×テナー、アルト×バリトンなど)で編成されたものも含まれます。特に後者は、2人の演者がそれぞれ異なる部署を担当することで、音域、フレーズなどがぶつからず、楽曲のバランスが整えられます。そのため、メロディ楽器×メロディ楽器、コード楽器×コード楽器といった同系統デュオより、メロディ楽器×コード楽器といった別系統デュオであることが多いです。

メロディ楽器で代表されるのは、ボーカル、トランペットやサックスなどの管楽器、バイオリンやチェロなどの弦楽器があります。コード楽器は、ピアノやビブラフォンなどの鍵盤楽器(鍵盤打楽器)や、ギターが挙げられます。ポピュラー音楽では「ボーカル×ピアノ」「ボーカル×ギター」、クラシック音楽では「バイオリン×ピアノ」の組み合わせがよく見られます。

ドラムという楽器はリズム楽器(打楽器)という性質上、あまりデュオに向いていません。というのも、音楽の3大要素(メロディ、ハーモニー、リズム)のうち、基本的にドラムはリズムしか奏でられないため、バランスに欠いてしまうのです。しかし、フリージャズにおける「メロディ楽器×ドラム」の組み合わせのように、例外はあります。これは、フリージャズが「ハーモニーを必要としない(むしろ、敬遠される)」という特質を持った音楽であるため、デュオの一方がリズムだけでもバランスが成り立つためです。あとは「リズム楽器×ドラム」の組み合わせで、パーカッション・ソロのような効果を狙えます。ただこれは、音楽的要素よりも運動的要素が強いので、かなり飛び道具的ではあります。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA