スーパーマリオワールド

Pocket

任天堂の人気ゲーム「マリオシリーズ」のひとつで、1990年に発売されたスーパーファミコン(以下スーファミ)と合わせてリリースされたアクション・ゲーム。プレイヤーは主人公マリオを操作し、ジャンプで落とし穴を回避したり、敵を踏みつけて倒したり、頭上のブロックを破壊するなどして、画面左から右へ、あるいは、右から左へと進んでいく。いわゆる「横スクロールアクションゲーム」と呼ばれるジャンルの火付け役となったマリオ・シリーズの中でも、特に人気のある作品がこの「スーパーマリオワールド(以下マリオワールド)」で、25年経った今なお、ハードを変え、世界中で愛されているソフトである。

櫻井が幼稚園~小学校低学年の時はスーファミがブームの真っ最中で、スーファミを所持している友人は非常に多く、同時に、マリオワールドを所持していることも珍しくなかった。櫻井もその頃は根っからのゲーマーだったのだけれど、スーファミは持っておらず、マリオシリーズはゲームボーイの「スーパーマリオランド」をプレイしていた。友人宅へ遊びに行った際、何度かプレイさせてもらったけれど、ゲームボーイと違い、セーブができるのは画期的だな、と思った。ちなみに、櫻井が初めて所持したTVゲームはセガサターン(黒)で、周りがプレイステーション(以下プレステ)のクラッシュバンディクーやファイナルファンタジーにハマっている頃、スペースハリアーとかデビルサマナーで遊んでいた。

ゲームは昔から好きなのだけれど、不器用なのは相変わらずで、ことアクション・ゲームに関しては大の不得意だった。たぶん、横スクロールアクションゲームで初めてエンディングまでいったのは「星のカービィ2(ゲームボーイ)」か「スーパーマリオランド2 6つの金貨」で、どちらもセーブ機能付きだったからだ。「スーパーマリオランド」はクリアしたことがない。攻略本を読んで攻略法を学んでも、それを実践できるスキルがなく、また、攻略本を読むとクリアした気になってしまい、「プレイしなくていいや」となることがほとんどだった。スーファミやプレステの購入を我慢できたのも、攻略本の影響が大きい。

スーファミブームのころには遊べなかったマリオワールドだけれど、時が経ち、櫻井が社会人になった時に遊ぶ機会が訪れた。バンド練習に使っていたスタジオのロビーに、スーファミとマリオワールドが置いてあったのだ。櫻井以外のメンバーが全員喫煙者だったので、彼らが煙草を吸っている間、だいたい1日10分か20分くらいプレイし続けた。初めの頃はメンバーに「お前、本当に不器用だな」と言われ、自分でも笑ってしまうほど下手だったのだけれど、着々と駒を進めていき、1年ほど続けたところ、最終ステージまでいった。もうすぐクリアできる、と思っていたのだけど、結局それはできなかった。次にスタジオ練習に入った際、ソフトが紛失していたのだ。データが消える、くらいだったらまだどうにかなったけれど、もの自体が消えてしまったら、もうどうしようもない。

努力を続けたところで、どうにもならないことは起こりうる、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA