スーツ

Pocket

櫻井の通っていた高校は私服校というか、「服装は自由」という校風だったため、一時期スーツを着て通学していたことがあります。理由はいくつかありますが、「着ていく服を選ぶのが面倒だったから」が主たる原因かもしれません。ジャズメンはスーツを着ているイメージがありましたし、「大人の服装」という意味でも憧れがあったのかもしれません。学校では職員室にいることが多かったですし、職員よりも職員らしい格好だったので、新入生によく教師と間違われました

スーツを着る上で欠かせないアクセサリーが、ネクタイです。櫻井はネクタイが好きで、本を読んでネクタイの締め方を勉強したこともあります。ネクタイを締めて通学した結果、今では眼鏡をかけるくらい自然に締められるようになりました。スーツはそう何着も持っていませんが、ネクタイは複数本所持しています。「スーツキャラ」のようなものが校内で定着したおかげで、ネクタイをプレゼントされることも多かったです。同じスーツとYシャツでも、ネクタイ1本だけで印象を変えられるのがスーツの魅力です。クールビズでネクタイをつけないのが流行っていますが、あれを見るたびに「ああ、なんてもったいない!」と思ってしまいます。

以前読んだ本には、イギリス、イタリア、フランスの3カ国がスーツ3大国と呼ばれているそうです。イギリスが重めのフォーマル志向、イタリアが軽めのカジュアル志向、フランスがその中間なんだとか。音楽的にはフランスは軽めで、重めのドイツ、伝統のイタリアといった感じがしますが、どうやらスーツはそうでもないようです。昔は「いつか良いスーツを着てジャズを演奏したい」と思っていましたが、自分の体型があまりスーツ向きでないことを知ってからは疎遠になってしまいました。スーツが好きだからこそ、着るなら格好良く着たいのです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA