スマホで子育て

Pocket

「スマホで子育てすると子供に悪影響が出る」という投稿を目にして、気になったので検索したら「ソフトバンク、スマホで子育てを支援する『子育てサポート』を開始」という記事がトップだった。やるなソフトバンク、と思ってよく記事を読んだら、モニターで赤ちゃんを見守ったり、異常を知らせたりするサービスらしい。問題になっている「スマホで子育て」とは、「スマートフォンのアプリケーションなどを利用することで生じる、親子のスキンシップ不足」のこと。要約すると、「機械に頼って手を抜いていたらお子さんは非行少年/少女になりますよー」ということらしい。

この手の話題はいつの時代にもつきものである。たとえば、櫻井が子どものころは「テレビゲーム」だったし、櫻井より前の世代では「テレビ」そのものが悪影響とされていた。実際、スマホで悪影響とされているのも、ハード面の問題ではなく、ゲームや動画といったソフトの問題である。機械ではないが、「ロックンロールは不良の音楽」という時代もあった。クラシック音楽なら良いらしい。つまり、エルヴィスを聞いて育った子は不良で、シェーンベルクを聞いて育った子は優等生ということになる。それより、ジャズの方がよっぽど悪影響だろう。マイルスを聞いて育った子は「誰の指示も受けない。帰れ」とか言い出すかもしれない。

いずれも悪いのは「親の怠慢」であるのに、「物が悪い」ということに焦点を当てているのが面白い。更に、それを禁止すれば良いと思っているのだ。禁止されればされるほど、人は欲しがるものである(カリギュラ効果)。

では、どう子育てすれば良いのか。方法はいくつか思いつくけれど、櫻井は子供を育てた経験がないし、一概にそれが正しいとは言い切れない。1つ言えるのは、「子供にスマホは悪影響だ」と思う親は、まず自分がスマホを手放すべきである。子供は親の背中を見て育つ。見せる背中に責任を持つのが親の務めだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA