ジャズベかプレベか

Pocket

ひょんなことでベースを購入することになった。とある事情で、ベースを弾くことになったからである。まさかギターよりも先にベースを買うことになるとは夢にも思わなかったし、かつてベーシストになる可能性があった櫻井が、ここにきてベースを弾くことになるとは、なかなか感慨深いものがある(参考『もしも櫻井ティモがベーシストだったら』)。

もちろん本職はギタリストなので、そこまで凝ったモデルを買うつもりはない。いろいろと検討したけれど、エントリー・クラスのジャズ・ベース・タイプ(以下、ジャズベ)プレシジョン・ベース・タイプ(以下、プレベ)のどちらかを選ぶことにした。それぞれの特徴や音をネットで調べて比較したところ、櫻井は断然プレベの方が好きだった。9:1くらいの割合で「これはもうプレベで決まりだ」と思っていたのだけれど、世間の評判はまったく逆で、9:1くらいの割合でジャズベの方に人気がある

 ジャズべ

プレべ

「ここまで差があると、さすがに何か理由があるのだろう」と思い、懇意にしてもらっている楽器店で弾き比べをさせてもらおうと思ったが、残念ながらプレベは置いていないようだった。「プレベかジャズベで迷っているんですよねー」みたいな話をしてその日は帰ったのだけれど、翌週あらためて訪れてみると、なんとプレベが置いてある。担当の方が気を使って入荷してくださったらしい。

ご厚意に甘え、早速プレベを試奏させてもらった。一言で所感を表すと、「かゆいところに手が届かない」である。アンプやエフェクターで調節できるならまだしも、ラインに直結する環境ではどうにも心許ない。P90を1基だけ搭載したレスポールJrのようだ。なるほど、PJ(プレベにジャズベをハイブリッドさせたモデル)が開発されるのも頷ける話である。

そういうわけで櫻井はバッカス社のジャズベを購入した。名前は「サンダー・ドラゴン」、略してサンドラである。不器用なタイプなので、地道に良くなっていければと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA