グーグル・マップの旅行じゃ駄目なのか

Pocket

旅行が趣味、という贅沢な友人がいる。日本に住んでいるのが不思議なくらい、行きたい国がいくつもあるらしい。今1番行きたいのはドイツで、スペインを経由してドイツに入り、スイスのマッターホルンで汽車に乗ったままフランスを通ってロシアまで行き、ニューヨークに寄ってから日本に帰りたいそうだ。果たしてそれがドイツ旅行と呼べるか疑問であるが、本人は至って真面目である。バックパック一つで回る、というわけでもなく、観光地へ行って日本人と馴れ合いたいらしい。冒頭で書いた通り、「旅」ではなく「旅行」が趣味なのである。

そんなハーゲンダッツに黒蜜ときな粉をかけてトーストでチンするような贅沢が一般市民に許されるはずもなく、お金も時間もない友人の夢は今も夢のままである。ところがその友人は往生際が悪く、旅行できない代わりにグーグル・マップで仮想旅行を楽しんでいるらしい。アンチ旅行の櫻井としては、そっちの方が充分楽しめると思うのだけれど、かえって旅行欲を掻き立てられるそうだ。それでは逆効果ではないかと思ったが、本人はむしろプラスだと思っているらしい。微笑ましい限りである。

ライブが趣味、という贅沢なミュージシャンもいる。にわかに信じ難いのだけれど、ライブをするのも見に行くのも好きだと言う。アンチライブの櫻井としては、YouTubeの方がよっぽど楽しめると思うのだけれど、「ライブでしか得られない生(なま)のエネルギーがある」というオカルトめいたことを仰っている。少ない収入でよくもまあそんな贅沢を、と個人的に思うけれど、他人の勝手なので口にはしていない(今書いたけれど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA