キラキラネーム

Pocket

昨今流行っている珍しい名前のこと。流行っているのだから珍しくもなんともない、と思うのだけれど、要するに今までなかった「カタカナの響き」や「難解な漢字の当て字」が、現在の大人には珍しく感じる、という意味。しかし、具体的にどこまでが普通で、どこまでがキラキラネームか、という明確な定義はない。「恵理菜(えりな)」なんかは海外の名前に漢字を当てたものだと思うけれど、キラキラネームには含まれないようだ。

クリスチャンは自分の子供に、聖書の登場人物の名前をつけることが非常に多い。どれくらい多いかと、マーク(Mark) 、ジョン(John) 、デビット(David) 、マリー(Mary) 、ピーター(Peter) 、ポール(Paul) 、これら全てが聖書由縁の名前である。日本のクリスチャンも例外ではなく、櫻井の周りに「エリヤ」さんが3人くらいいるし、「イサク」さん、「ヨシュア」さんもいるけれど、どうもこの辺はキラキラネームに含まれるようだ。

これらの名前は過去の例に比べると、ある種の「奇抜な名前」であるため、「学校でいじめられる」「就職に不利なる」というのが問題になっているらしい。しかし、もしこれが本当なら、「名前が太郎ならいじめられない」「名前が花子なら就職に有利なる」ということになってしまう。また、櫻井はいつも「ティモです」と自己紹介しているけれど、怪訝に思われるとしても最初の数分だけだ。その後は「珍しいから覚えやすい」と、むしろ好感を持たれることが多く、「ティモ」という名前で不利益を被った経験は今のところ一度もない。どんな名前でも結局、いじめられる時はいじめられるし、落とされる時は落とされるのだ。

ちなみに、櫻井の本名はキラキラネームではないけれど、どちらかと言えば女性名である。幼い頃は「もうちょっと男らしい名前が良かったなあ」と思っていたけれど、今現在はいたく気に入っている(自画自賛)。決して本名が嫌いで「ティモ」と名乗っているわけではないので、悪しからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA