カラオケ

Pocket

機械とデュエットするアレである。日本発祥の文化で、海外でも「Karaoke」で通じる。日本のようなカラオケボックスはないけれど、音楽好きな年配の方が自宅に簡易カラオケマシーンを設置しているのをよくある話だ。元は音楽用語で「歌の入っていない演奏音源」のことを指していたが、メトロノームのクリック音を「ドンカマ」と言うのと同じくらい死語になってしまった。

カラオケの最大の特徴は、公の場で堂々と歌えること、そして、誰もそれを聞いていない、ということだ。正確には、耳では聞いているのだけれど、さながらカクテルパーティ効果のように、脳がノイズと判断して遮断している、だ。中高生も社会人も、グループでカラオケへ行ったとしても、他人が歌っている時は自分が歌う曲を選曲しているか、画面の歌詞を追っているか、画面の似たり寄ったりの映像を見ているか、いずれかである。

誰も聞いていないのにカラオケが普及した理由は、密閉された空間を提供されることと、歌うことで気分が高揚するので、人付き合いには格好の道具であるため、というのが挙げられる。要は、飲み会のお酒が歌に変わったもの、と考えればいい。ちなみに飲み会というのも、誰もお酒を飲んでいない。アルコールは摂取しているけれど、味なんて誰も気にしていない、という意味だ。

櫻井も高校の頃は毎日ようにカラオケに行っていて、後輩(男)と大塚愛の「大好きだよ」をデュエットしたり、ミッシェル・ガン・エレファントの「CISCO」を歌ったりしていた。今は行こうと思わない。多少なりともあの頃よりは耳が良くなったことで、自分の歌が苦痛になってしまった。誰も聞いていないけれど、自分自身は誤魔化せない。

そうは言っても、きちんとマイクを通して歌える環境が身近にあるというのは、ヴォーカリストにとっては非常にありがたいことである。「歌なんてどこでも歌えるじゃん」と思うかもしれないけれど、自分の身体から発声される音とスピーカから出る音とでは、同じ声でも全く異なったものになる。同じことがエレキギターなどの電子楽器全般に言える。スピーカ(アンプ)を使ってパフォーマンスするなら、実際にスピーカから音を出す練習も必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA