アドリブってどうやるの?

Pocket

「アドリブ」とは、あらかじめ決めていない、その場の思いつきを形にすること。音楽に限定すると「即興演奏」のことであり、「インプロビゼーション」と訳されることもある。特にジャズで用いられる演奏手法であるが、ポップスやロックでも間奏部分に用いられていることがある。「その場の思いつき」というのが難しいところで、「その場にならないとアドリブできないなら、1人では練習のしようがないのでは」と考えている人がいるのも頷ける。厳密に言うとその通りで、本番で経験を積まない限り上達はしないけれど、アドリブする際の心構えのようなものは知っておくことができる。

たとえば、劇で「浦島太郎」をやることになったとしよう。あなたが主人公の浦島太郎に配役された時、どんなアドリブが可能か。亀をいじめていた子どもたちをバズーカで吹き飛ばすとか、「海の中でどうやって息するん?」と突っ込みを入れるとか、いろいろなアドリブが思いつくけれど、できないことがある。それは、「本筋を終わらせるアドリブ」である。知っての通り、浦島太郎の本筋は「亀を助ける」「竜宮城へ行く」「玉手箱をもらう」「玉手箱を開けておじいさんになる」だ。これらがないと、浦島太郎の物語が成立しない。つまり、「亀を見捨てる」とか「竜宮城や玉手箱を拒否する」といったアドリブは通用しないのである。

音楽におけるアドリブもこれと同じだ。楽曲によって本筋がある。それはコード進行だったり、メロディだったり、リズムだったりするのだけれど、アドリブをした後は必ず本筋に戻る必要がある。本筋に戻れないアドリブは、本筋を殺しているのに等しい。本筋から外れれば外れるほどスリリングな演奏になるが、それだけ戻りづらくなる。アドリブは自由な創作だけれど、限られた領域内の自由であることを忘れてはいけない。「本筋に戻れないアドリブは、思いついてもやるな」ということ。

また、浦島太郎という「おとぎ話」という世界観に、バズーカとか海中での呼吸(メタ発言)といった「現実感」を持ちこむアドリブは「ユーモア」に含まれる。音楽でいうと、スウィングのスタンダード・ジャズにロックのビートを持ちこんだり、ディストーションで音を歪ませたりするのがこれに相当する。どちらかと言えば、聞いている人を笑わせるのが狙いだ。簡単にできるアドリブの典型だけれど、やり過ぎは禁物である。やはり、世界観に相応しく、かつ物語に深みを増すようなアドリブが望ましい。

本筋を知り、世界観を学ぶことは自分1人でもできる。すべては自由のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA