アイルランドの良いところ

Pocket

「アイルランドの良いところって何がある?」と尋ねられると、櫻井は真っ先に「気候が良いところ」と答える。しかし、アイルランド現地の人やヨーロッパ圏の人たちにとって、アイリッシュウェザーは「酷い天候」の代名詞になっているようだ。どの辺が酷いのか聞いてみると、「日照時間が少ない(曇りが多い)」「雨風が強い」「気温が低い」という点がよく挙がる。

昨年の夏、アイルランド人の友人に「夏休みの予定は?」と聞いたら、「フランスに行って夏を感じてくる」と言っていたほどアイルランドの夏は気温が低い。平均気温は20度前後。昨年の夏は相当暑いと感じたのだけど、最高気温が25度を超えることはなかった。そのため、家に冷房機具を置く必要がないし、空気が乾燥しているので、日本の暑さのような不快感がない。

では冬は寒いのかというと、実はそうでもない。年が明けた1月初旬はまだ気温が2桁あったし、3月下旬には再び2桁に戻っていたと思う。いわゆる「肌寒い季節」というのが長く続くだけで、東北や北海道のようなしばれる寒さは滅多にない。これは冬でも曇り空が多いからだろう(単に今年の冬が暖冬だったのかもしれないけれど)。

もうひとつ、アイルランドの素晴らしいところは、名前を口にするのもはばかられる黒い悪魔「G」と、真夏の夜の悪夢である吸血鬼「蚊」がいないところである。北海道には「G」がいないらしいけど、「蚊」がいない場所は日本国内にはないだろう。それ以外の虫も10、11月ごろになると、途端に姿を見せなくなる。

それから、日本のスタジオは地下などの密閉された空間にあるけれど、こっちのスタジオには必ず窓がある。些細な違いに思えるかもしれないけれど、この点こそ、櫻井のアイルランドにおける音楽生活の、最大の財産だったと思う。外国人と一緒に演奏するのは日本国内でもできるけれど、外国の気候と一緒に演奏するのは日本国内で決してできないからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA