つぶあん、こしあん

Pocket

どちらもあんこの一種。種類といっても「あずきを煮たものを潰す(つぶあん)か、こす(こしあん)か」、製法に違いがあるだけで、どちらも同じあんこである。味もほとんど変わらないと思うのだけれど、「こしあんは食べられるけど、つぶあんは苦手」という人が櫻井の周りに多い。どうやら豆の食感が苦手であるらしい。グリンピースが食べられない心理に近いものを感じるため、気持ちはわからないでもない。ちなみに櫻井はつぶあんもこしあんも食べられるし、グリンピースも食べられる。ん? グリンピースじゃなくてグリーンピースだっけ?

統計的にも「こしあん派」は半数以上を占めているようで、つぶあんは虐げられる立場にあるようだ。たとえば、あんぱんは「表面についているケシの実が黒ならつぶあん、白ならこしあん」という風に差別化されている。お正月に食べる、温かいあんこに餅を入れた料理に至っては、つぶあんを使ったものを「ぜんざい」、こしあんを使ったものを「おしるこ」と、名称まで変わる。しかし、「ぼたもちはつぶあん、おはぎはこしあん」というわけではない(食べる時期の違いで、両者ともにつぶあん)。強いて言えば「ぼたもちはつぶあん、赤福はこしあん」だろうか。あんこを差別なく対等に扱うのはようかんと大福くらいである。

大福といえば、料理に詳しい友人いわく「いちご大福はこしあんに限る」らしい。理由を訊ねたところ、「つぶあんだといちごの食感が損なわれる」そうだ。なるほど、料理によっては向き不向きがあるのだな、と思ったけれど、こないだ食べたいちご大福はつぶあんだった。たいそう美味であった。

昔見たテレビ番組曰く、西日本はつぶあん、東日本はこしあんを好む傾向があるらしい。櫻井はどちらかと言えばつぶあん派だが、生まれは北海道だし関東育ちだ。ただ、両親ともに西の人なので、親の影響が強いのかもしれない。しかし、赤福(三重県)は完全にこしあんだ。それに、中部地方の人は境界が曖昧である。だからういろうが生まれたのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA