「アイルランドへ行っていました」と言った時の反応あるあると、その返答一覧

「どこ?」

イギリスの西側にある小さい島が、アイルランドです。ただし、島の北側の一部は、「北アイルランド」という名称の、イギリス領になっています。ちゃんと国境も引かれていますが、北アイルランド~アイルランド間は、パスポート不要で出入国できます。

「ユーロ加盟国なの?」

イギリスと隣接しているせいで、「通貨がポンドで、ユーロが使えないから、ユーロ加盟国でない」と連想する方がいらっしゃいます。アイルランドは、れっきとしたユーロ加盟国で、通貨もユーロです。ちなみに、イギリスも、ユーロが使えないというだけで、れっきとしたユーロ加盟国です。

「ああ、あの北極の近くにある島ね」

おそらく、アイスランドと混同しているものと思われます。同時に、アイスランドとグリーンランドを混同しているものと思われます。それぞれの位置を地図で確認してみましょう。

IMG_1769

「むっちゃ寒そう」

緯度は、ロシアより少し南ですが、メキシコ湾流の影響により、それほど寒くありません。真冬でも、たまに氷点下になるか、ならないかくらいです。雪は、滅多に降りません。ただ、10月~5月くらいまで(日本人にとって)肌寒い期間が続き、年中強い風が吹いています。そのため、体感温度はもう少し低くなります。それでも、日本の東北地方や北海道よりずっと暖かいです。

「何語?」

一応、オフィシャルには、第1言語が「ゲール語(ゲーリック)」で、第2言語が「英語」となっています。道路標識なども、ゲール語と英語の両方が記載されています。日常生活でゲール語を使うのは、ごく一部の、年配の方くらいです。その人も、普段は英語を使っているので、英語が事実上の公用語といえます。

「ゲール語ってどんな言葉?」

アイルランドに古くから伝わる、オリジナルの言語です。学校の授業の科目にもなっているそうですが、前述の通り、日常的に使っている人は、まずいません。古いアイルランド民謡の歌詞に使われていることもあります。一時期、「癒し系ボーカリスト」として流行った、アイルランドのボーカリスト「エンヤ」の楽曲の一部に、ゲール語が使われています。日本で最も有名なゲール語と言えば、「家族」という意味の「Clannad」でしょう。アイルランド国内に、同名の音楽グループも存在します。しかし、YouTubeなどで検索しても、まずヒットしません。

★オススメ ライブ




「何が有名?」

ギネスビール』や『アイリッシュ(ウィスキー)』といったお酒が有名です。音楽は、U2ヴァン・モリスン、シン・リジィがアイルランド出身です。これといった観光名所がなく、「人気観光スポットランキング」のベスト5のうち3つは、似たり寄ったりの公園になっています。

「治安が悪そう」

ヨーロッパの中で、最も治安の良い国と言われています。僕が2年間住んでいた中で受けた被害を挙げておきます。

着いて3日目でスリに遭う(20ユーロ)
庭に停めていた自転車が半壊される(75ユーロ)
銀行口座の貯金をすべて盗まれる(3,000ユーロ)

さすがに3つ目は、被害届を出しました。アイルランドに着いて、まだ1カ月も経っていないころの話です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上部へスクロール