賛美隊と賛美歌について

Pocket

賛美隊とは、キリスト教会における賛美歌を演奏する部隊のこと。部隊というと、軍隊や警察といった「戦う人々」のイメージがあるけれど、実は賛美隊も戦場にて、暴力ではなく歌によって戦っていた歴史がある(第2歴代志20:21, 22)。また、賛美歌は「神様をほめ讃える音楽」であり、娯楽や芸術として楽しむ一般的な音楽とは毛色が異なる。心構えや精神面について触れるのはいささかハードルが高いトピックなので、なるべく技術面に的を絞って言及していきたい。

○音楽性

賛美歌と聞いて最初に思い浮かべるのは「ゴスペル」だと思う。黒人霊歌とも呼ばれるアメリカ発祥の音楽で、クワイヤと呼ばれる大人数のボーカリストや半音ずつ上がっていくコード進行などが特徴である。が、前述の通り賛美歌とは「神様をほめ讃える音楽」であって、音楽性を限定したものではない。クリスチャン・ヒップホップもあるし、クリスチャン・メタルもある。クリスチャン・ジャズは聞いたことがないが、極端な話、神様をほめ讃えていればジャンルはなんでもありである。ただ、教会における賛美隊は「会衆が賛美歌を歌うのをリードする」という使命があるため、会衆が歌いやすい音楽を選定するのが普通である。

○演奏形態

ジャンルが限定されないので演奏形態も自由だけれど、基本的に歌中心であることが多い。というのも、「神様をほめ讃える」という行為をするのに、最も正確かつ手っ取り早い表現方法が「言葉」であるからだ。たとえば、妻の料理が美味しかったら、感謝を込めて黙々と皿洗いをするよりも、「美味しかったよ、ありがとう」と言葉にした方が相手に伝わるのと同じである。ジャズの賛美歌が一般的でないのも、ジャズがインスト中心の音楽ジャンルだからだと思われる(あ、でもクラシックはインストの賛美歌がいっぱいあるぞ)。

○楽曲構成

決められた構成を決められた通りに演奏する場合もあれば、まったく構成を決めずにアドリブでやる場合もある。前者は正確な演奏がしやすくなるため会衆をリードしやすいが、「あともうちょっと長く歌いたかった」という風な「場の空気(クリスチャン的には「霊の流れ」と呼んだりする)」に合わせて演奏するのは後者の方が長けている。頭を指して「ヘッド」、グーサインで「フィーネ(もともとグーサインは「コーダ」だけれど、こちらの意味ではあまり用いられない)」といったハンドサインを用いて、リーダー(主にボーカリスト)が構成を指示することが多い。明確なサインを出すのはもちろん、リード通りに演奏するスキルが必要とされる上にチームワークが求められるため、非常に難易度が高い。

○パフォーマンス

一般的な音楽とは普通、アーティストが中心となってパフォーマンスが催される。楽曲を披露することで会衆のフォーカスはアーティストへ向けられる。あるいは、会衆が純粋に音楽を楽しむためにアーティストはパフォーマンスする。繰り返すが、賛美歌とは「神様をほめ讃える音楽」であって、その目的は賛美隊が注目されることでも、会衆が音楽を楽しむことでもない。つまり、神様が中心となってパフォーマンスが催されるのだ。少し精神面の話になったが、この点が一般的なアーティストと賛美隊の決定的な相違点である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA