自宅でできるドラム練習法

Pocket

生徒様から「どうやって自宅でドラムを練習すれば良いのか」という質問を受けることがある。ドラム・セットは高価であるし、演奏時に激しい音量・振動を伴うため、家に置いて練習するのが困難な楽器だ。そのため、自宅ではドラム・セット抜きで練習しなければならない。「楽器がないのに練習できるの?」と疑問に思う人もいるだろう。その通り、ドラム・セットを叩かない限りドラムは上達しない。ゆえに、自宅でドラムを練習することはできないのだ。電子ドラムや練習台など、ドラム・セットを模した道具はたくさんあるけれど、どれもドラムの練習にはならない。こういった自覚を持つことが、正しく練習するための第1歩である。

そうは言っても自宅で何もできないわけではない。たとえば、家で剣道の試合はできないけれど、竹刀を振って基礎体力を上げたり、足さばきを訓練したりすることはできる。ドラムもこれと同じで、つまり、ドラムを叩くのに必要な「スティックを振る」「フォームを整える」などの練習は可能である。これらの練習がそのままドラム演奏に適応できるわけではないが、ドラム・セットで演奏している自分を想定することでギャップは埋まっていく。この場合の「想定」とは、「俺は世界一のドラマーだ」という風な抽象的なものではなく、「実際のスネアは練習台よりも大きいので、もう少し身体から離してセッティングしよう」といった具体的なものである。しかし、どちらにせよ何もしないでいるよりはずっと良い。

ドラム・セットでの演奏を想定した練習の中でも特に重要なのは「曲を覚える」ということ。スティックを振る、フォームを整えるなどの練習はドラム・セットで演奏しながらでも訓練しやすいけれど、ドラムを叩きながら曲を覚えるのは至難の業である。1日1回で良いから、曲の最初から最後まで集中して耳を傾けること。1週間もすれば自然と頭の中で音楽が鳴らせるようになっているだろう。スタジオで録音した自分の演奏を冷静に聞き返すのも最適だ。原曲と自分の演奏を聞き比べ、改善点を明らかにしておく。再度スタジオに入った時、課題が浮き彫りなっているので効率良くドラムの練習ができるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA