腱鞘炎の恐怖

Pocket

以前『ミュージシャンが陥りやすい5つの病』という記事の冒頭でも取り上げたけれど、腱鞘炎とは指や手首、ひじを動かす際に鋭い痛みを覚える疾患で、ミュージシャンが最も陥りやすい職業病といえる。特に弦楽器奏者は、弦を押さえ続けたり、はじいたりする動作が多いため、指や手のひらに腱鞘炎を抱えやすい。

腱鞘炎の恐ろしい点は、まず年齢関係なく発症しやすいところ。10代、20代の若者が腱鞘炎を抱えるケースも珍しくない。また、症状が軽いうちは休めば回復するけれど、重いと慢性になりやすく、治療してもすぐに再発してしまう。大げさでもなんでもなく、二度と楽器が弾けなくなるのだ。

友人のギタリストは重度の腱鞘炎を抱えていて、日本で認められていない手術をするために海外まで行ったが、結局再発してしまった。大学卒業を目前にして腱鞘炎になり、ピアニストに転向した元ベーシストもいる。もちろん、1回生からやり直しだ。

対策としては、症状が回復するまで楽器を弾かないこと、これに限る。「練習しなきゃ上達しない」と焦るかもしれないけれど、「練習が続けられない体質なのだ」と、持って生まれた自分の成長スピードを呪うしかない。症状が回復したのち、身体の負担にならないようにフォームを見直したり、マッサージやストレッチなどの準備運動をしたりするなどの改善策を取り入れる必要があるだろう。

このブログを書く少し前、櫻井は右肘と右手首に腱鞘炎の症状が表れていた。「下手なフォームでギターを弾いているせいだろう」と思ってしばらくギターに触れないようにしていたのだけれど、なかなか良くならない。「このまま一生ギターが弾けなくなったら」と想像して恐ろしくなったのだけど、結局、腱鞘炎の原因は「右手だけで重い荷物を持っていたこと」だった。冷え込むこの季節、体調管理には十分注意されたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA