男女の違い

Pocket

簡単にまとめるなら、「男は鈍すぎる、女は鋭すぎる」である。とある事象が起きた場合、男性はまず、気付かない。一方、女性はいち早くその事象を察知するが、余分な情報まで詮索してしまい、結果として間違った認識をしてしまう。いわゆる「勘違い」の状態である。よって、人間として優れているのは女性だけれど、生物として優れているのは男性であることが多い。飽くまで能力の優劣に限定した話なので、勘違いしないように。

また、男性は理屈っぽく、女性は感情的になりやすい傾向がある。しかしこれは表面上のことであって、男性の理屈は感情で成り立っているし、女性が感情的になるのは理屈があってのことである。男性は単純馬鹿、女性は複雑腹黒、とも言える。地球上のあらゆるものがそうであるように、ものは単純であればあるほど壊れにくい。「現代の女性は強い」とは言われているものの、純粋に強度だけを見れば男性の方が壊れにくい構造をしている。壊れにくいというか、硬度がある、というべきかもしれない。ちょっとやそっとじゃ傷つかないけれど、割れる時は思いっきり割れる、みたいな。女性は硬くないのでしょっちゅう傷つくけれど、真っ二つになるようなことはない、みたいな。

このように、同じ人間と言えど男性と女性はこうも正反対に違うのである。別の種族と言ってもいい。そんなふたつの種族が手を結んだからこそ、人間は地球上最強の生命体なのである。しかし、ただ手を結ぶだけではいけない。男性には男性の真価を発揮できるポジションがあり、女性もまた女性の真価を発揮できるポジションがある。内側にひきこもりたい気持ちは非常にわかるけれど、男性は女性を守る盾になるべきだと思うし、不甲斐ない男性に代わって前に出ようとしても、元来女性は脆い生き物である。「男性だから」「女性だから」という理由で可能性を縮めるようなことをしてはいけない、とは思うけれど、「男性である」「女性である」と自覚を持つことは、それよりも重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA