男女の違い

Pocket

簡単にまとめるなら、「男は鈍すぎる、女は鋭すぎる」と言えます。とある事象が起きた時、男性はまず気が付きません。一方、女性はいち早くその事象を察知しますが、余計な情報まで詮索してしまい、結果として間違った認識(勘違い)をしてしまいます。人間として優れているのは女性だけれど、生物として優れているのは男性、と言えるかもしれません(あくまで能力の優劣の話で、人格を否定するものではありません)。

また、男性は理屈っぽく、女性は感情的になりやすい傾向があります。しかし、これは表面上のことであって、男性の理屈は感情で成り立っているし、女性が感情的になるのは理屈があってのことのように思えます。地球上のあらゆるものに言えることですが、ものは単純であればあるほど壊れにくいのです。「現代の女性は強い」と言われているものの、強度だけを見れば男性の方が壊れにくい構造をしています。壊れにくいというより「硬度がある」かもしれません。ちょっとやそっとでは傷つきませんが、割れる時は思いっきり割れるのです。女性は硬くないのでしょっちゅう傷つきますが、真っ二つになるようなことはないのかもしれません。

このように、同じ人間でも男性と女性はこうも正反対なのです。別の種族と言ってもいいでしょう。そんな2つの種族が手を結んだからこそ、人間は地球最強の生命体になったのです。しかし、ただ手を結ぶだけではいけません。男性には男性の真価を発揮できるポジションがあり、女性もまた女性の真価を発揮できるポジションがあるのです。内側にひきこもりたい気持ちはわかりますが、男性は女性を守る盾になるべきでしょう。不甲斐ない男性に代わって前に出ようとしても、元来女性はもろいのです。「男性だから」「女性だから」という理由で可能性を縮めるようなことをしてはいけませんが、「男性である」「女性である」という自覚を持つことは、それよりも重要なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA